趣味

一分一秒を大事にしたくなる!時間がテーマの映画5選 #厳選映画ナビ Vol.23

年間200本以上の映画やドラマを鑑賞するe-NAVITAスタッフのKが「こんなかたにおすすめ」「楽しむポイント」などのプチ情報も交えながら、おすすめの映画をご紹介するこの連載。

今回は「一分一秒を大事にしたくなる!時間がテーマの映画5選」を紹介します。時間がテーマの作品といえば「過去に干渉して未来を変える」といったタイムスリップが多いですが、ほかにも「記憶が10分しか保てない」「相対性理論によって時間の速度が変わる」など、様々な設定・演出で時間は扱われています。そこで、タイムスリップに限らず時間をテーマにした映画を厳選しましたので、興味のわいたかたはぜひチェックしてください。紹介する映画はU-NEXT、Hulu、Amazonプライムビデオ、dTV、Netflixなどの各動画配信サイト(VOD)で配信されています。

【U-NEXT】月額2,189円が31日間無料 見放題作品数No.1
【Hulu】2週間無料 人気映画ドラマが月1,026円で見放題
【AmazonPrime】30日間無料 対象作品が月500円で見放題
 
  1. 一分一秒を大事にしたくなる!時間がテーマの映画5選
  2. 1.「TIME」
        「時は金なり」が実現した世界!貧困層の寿命はたった1日
  3. 2.「インター・ステラー」
        絶対に観ておきたいSF映画!時間と空間を超えた親子愛に感動!
  4. 3.「メメント」
        時間が逆行しながら進む物語!真相は事の始まりにあった
  5. 4.「オーロラの彼方へ」
        声のタイムトラベル!オーロラが出ているときだけ繋がれる父と息子
  6. 5.「12モンキーズ」
        パンデミックの原因は!?謎が謎を呼ぶ不穏な時間旅行
  7. 6.まとめ

 

  1. こちらの記事も人気です!
  2. おすすめの「ミニシアター/名画座」まとめ! #魅惑のミニシアター
  3. ハマり過ぎ要注意!1度は観ておきたい海外ドラマ5選!
  4. これは夏のうちに観ておきたい!夏を舞台にした映画5選!

 

 

 

1.「TIME」
「時は金なり」が実現した世界!貧困層の寿命はたった1日

「TIME」は、「時間がお金」となった社会で起きている「貧富の格差」を是正しようとするSF映画です。本作の特徴は、25歳で体の成長(老化)が止まり、新しい寿命のかたちとして「余命時間」が与えられ、それがお金として流通している社会という、とても面白い設定です。主人公のウィルは母親と2人で暮らしており、お互いに低賃金労働者であるため数日先までの命しかないような貧困層です。そんなウィルが100年という「大金」を手に入れたことをきっかけに、この「貧富の格差」は意図的に作り出されたものであったと知ることになります。物価の上昇や税金の値上げによって、貧困層の負担が日に日に大きくなっていくのはなぜなのか?派手なアクションも交えながら徐々に謎が明らかになっていくスリリングな物語です。

ここがおもしろい!
一見、設定が難しそうでありながら、人々の生活の仕方が私たちの現実世界とほとんど同じであるため、すんなりと理解できるようになっているところが面白いです。たとえばウィルは給料を日給で受け取っており、その額は約1日分です。彼は今日、明日を生きるために必要なお金を稼ぐという「その日ぐらし」をしているため、もし病気になって働けなくなったら翌日までの命となり、もし無理やり働きに出たとしても病気が悪化して倒れたりしたら本末転倒です。このように本作は、「貧富の格差」と「寿命の長さ」の関係性をダイレクトに繋げて明瞭化したという、いい意味でそれだけの設定なのです。「健康的な食事にはけっこうお金がかかる」と感じたことがある人は、身にしみるような体験をすることができると思いますので、ぜひご覧ください。

「TIME」

あらすじ

科学技術の進歩により、すべての人間の成長は25歳で止まるようになった近未来。そこから先は左腕に埋め込まれた体内時計「ボディ・クロック」が示す余命時間の分だけ生存し続けることができた。余命時間が23時間しかないような貧困層が毎日を必死の思いで生きている一方、有り余る余命時間を保有している富裕層は人生を退屈に感じている人も多かった。貧しい青年のウィル(ジャスティン・ティンバーレイク)は、時間と引き換えに裕福な男性を殺した容疑を掛けられ、追われる身となってしまい、時間監視局員(タイムキーパー)の追跡を受けながら、時間に支配された世界の謎に迫っていく。

「TIME」は次の動画配信サイトで視聴できます!
※最新の配信状況は各配信サービス内でご確認ください。

 

2.「インター・ステラー」
絶対に観ておきたいSF映画!時間と空間を超えた親子愛に感動!

「インターステラー」は、異常気象により住めなくなりつつある地球の代わりに、第二の地球となり得る惑星を探すため宇宙に旅立つ映画です。元宇宙飛行士の主人公クーパーが人類居住計画のために宇宙に旅立つのですが、そこで強調されるのは家族との別れ。彼の娘であるマーフだけは父が旅立つことに強く反対して、結局最後まで和解することはなく、ふたりは離ればなれになってしまった……という冒頭から、巨大なスケールの物語が展開していきます。監督を務めたのはクリストファー・ノーラン。彼は「時間」に対して強い関心を持っており、最新作の「テネット」(2020年公開)を含めて「時間」をテーマにした作品を製作してきました。本作では「相対性理論」に基づいて「時間」を表現しており、それを親子愛とどう絡めるのかが注目ポイントです。

ここがおもしろい!
本作の肝となるのは「時間の流れる速度の違い」です。少々ややこしいですが、浦島太郎が竜宮城で過ごしている間に、地上では長い年月が経過していたのをイメージいただけるとわかりやすいかもしれません。つまり、クーパーにとっての1日が地球においては1年になっているような事態もあり得るのです。クーパーとマーフは空間だけではなく時間さえも共有することができないという、宇宙ならではの設定を活かした親子愛が描かれます。このように、SFの要素が強いようでありながら、ストーリーの中心に据えているのはヒューマンドラマであるため、SF初心者のかたにもおすすめしやすい映画です。また、最新の科学的見地を用いて描かれたワームホールやブラックホールは、これまでのイメージを刷新させるほど衝撃的です。「ブラックホールの周囲は光っている」なんて、筆者は本作を観るまで知りませんでした。

「インター・ステラー」

あらすじ

解散したと思われていたNASAでは、寿命が尽きかけている地球の代わりとなる新たな惑星を探す計画が極秘裏に進行していた。このミッションに選ばれたのはまだ幼い子供を持つ元宇宙飛行士のクーパー(マシュー・マコノヒー)。彼を待っていたのは、これまで常識が通用しない衝撃の宇宙。はたして人類の存続をかけたミッションを成し遂げることは可能なのだろうか。

「インター・ステラー」は次の動画配信サイトで視聴できます!
※最新の配信状況は各配信サービス内でご確認ください。

 

3.「メメント」
時間が逆行しながら進む物語!真相は事の始まりにあった

「メメント」は、記憶障害を持つ主人公レナードが書き残したメモだけを頼りに復讐を果たそうとする映画です。重要な手がかりを掴んだり、敵から追われているような状況のときでも、ポカンと記憶を忘れてしまう彼は、少し時間が経つたびに「いま自分は何をしようとしてたんだっけ?」とふりだしに戻ってしまいます。これだけでも興味をそそられる設定なのですが、さらにそれをストーリーを巻き戻ししながら見せていくというトリッキーな演出が特徴です。監督は前項で紹介した「インター・ステラー」と同じくクリストファー・ノーラン。本作は彼の出世作となり、キャリアのターニング・ポイントになりました。インディーズ映画として製作されたにも関わらず、公開3ヶ月後には全米興行成績ランキングで8位にランクイン。映画界にクリストファー・ノーランの名前を知らしめました。

ここがおもしろい!
通常の物語は「1→2→3…」と時系列通りに事が進んでいきますが、本作は「5→4→3…」と時間を反転させてストーリーが進んでいくので、実は復讐が果たされたところから物語は始まります。最大の山場であるはずのクライマックスから始まって、それ以降に物語はどう展開していくのかというと、「どうやって復讐を果たすことができたの?」という疑問を探っていくことになるのです。「いま自分は何をしようとしてたんだっけ?」と考えるレナードと視聴者の疑問がシンクロして、彼が書き残した様々なメモの意味を読み解き、徐々に「事の始まり」という真相に迫っていくという、複雑ながらも他では観られないような演出がとても面白いです。

「メメント」

あらすじ

ありふれたモーテルの一室で目を覚ました男レナード(ガイ・ピアース)。彼は新しい記憶が10分しかもたない「前向性健忘」という記憶障害を患っており、自分がなぜいまモーテルにいるのかも思い出せなかった。唯一覚えているのは「妻が殺される姿」と犯人への復讐心。記憶ができない彼はメモとして自分の身体にタトゥーを刻んだり、出会った人物や場所のポラロイド写真を撮って、記憶を補完しながら犯人を探していく。

「メメント」は次の動画配信サイトで視聴できます!
※最新の配信状況は各配信サービス内でご確認ください。

 

4.「オーロラの彼方へ」
声のタイムトラベル!オーロラが出ているときだけ繋がれる父と息子

「オーロラの彼方へ」は、幼い頃に父を事故で亡くしたジョンが、無線機で30年前の父と交信できるようになるという親子愛を描いた映画です。幼い頃に事故で父を亡くし、プロ野球選手の夢も諦め、彼女にもふられた主人公ジョンは警察官として憂鬱な日々を過ごしています。そんなジョンが無線機を通した父との感動的な再会によって元気を取り戻し、父は無事に大人となったジョンを抱きしめたい想いで胸がいっぱいになります。しかし、この交信はオーロラが出ているときだけであるため、ふたりはいつまで会話をしていられるかわからず、一分一秒を大事にしながら親子の絆を深めるという、切なくてロマンチックな物語が展開されていきます。

ここがおもしろい!
「過去に戻って未来を変える」というタイムスリップの定番を、本作は父と息子の親子愛で表現したところがおもしろいです。父と交信ができるようになったジョンが一番にしたいことは「父の事故死を防ぐこと」ですが、最初から上手くコミュニケーションがとれていたわけではなく、むしろ父は家の事情を詳しく知っているジョンをストーカーのような存在だと思って、距離を置こうとまでしました。「声のタイムスリップ」という荒唐無稽な現象をどうやって父に信じさせることができるかという困難な壁がジョンに立ちふさがります。そして「父が生き延びた世界」になったことで、いつの間にかジョンの知らない過去の出来事が増えていることなど、親子愛を主軸にしながらしっかりとタイムスリップの要素も盛り込まれているバランスのいい映画です。ぜひご覧ください。

「オーロラの彼方へ」

あらすじ

1969年、ニューヨーク上空に珍しいオーロラが出現した日、消防士フランク(デニス・クエイド)は救助を終え、妻ジュリア(エリザベス・ミッチェル)と6歳の息子ジョン(子供時代:ダニエル・ヘンソン)の待つ家へと戻ってきた。親子3人の生活は幸福な輝きで満たされていた。だが、その2日後にフランクは殉職し、ジョンは深い哀しみに暮れる。それから30年。再びニューヨークにオーロラが出現した日、ジョン(大人時代:ジム・カヴィーゼル)はふと父が愛用していた無線機を見つける。そしてそこから男の声が聞こえてきた。それはまるで父と話しているようだった。

「オーロラの彼方へ」は次の動画配信サイトで視聴できます!
※最新の配信状況は各配信サービス内でご確認ください。

 

5.「12モンキーズ」
パンデミックの原因は!?謎が謎を呼ぶ不穏な時間旅行

「12モンキーズ」は、謎のウイルスによって起こってしまったパンデミックの原因を探るためにタイムスリップをするというSF映画です。ウイルスが蔓延しきった地上は野生の動物や虫だけが生存しており、人間は宇宙服のように密閉された専用のスーツを着用しなくては地上に出られなくなっています。科学者たちはワクチンを開発するために過去にタイムスリップしてウイルスの原株を入手しようとするのですが、そのミッションを与えられたのは精神状態が不安定な囚人のジェームズという、とても適任者とは思えない人物でした。「ウイルスから人類を救う」という大義以外は霧で包まれたように肝心な部分が見えず、不穏な雰囲気が漂い続けるサスペンス的な要素も特徴的です。

ここがおもしろい!
悪夢や幻覚に悩まされているジェームズの目線を通して物語が進んでいくため、「現実と妄想の区別がつかなくなる」というおもしろさがあります。彼は支離滅裂な言動によって精神病院に収容されてしまうのですが、段々と「未来、現在、過去」の区別もつかなくなり、ついには「タイムスリップなんて妄想だったんだ」とまで言い出します。そんな彼の近くにいる人たちも同じように混乱していき、精神病院で出会った人たちによる妄言なども相まって、観ているこっち側は何が本当なのかわからない「めまい」のような感覚に陥っていきます。そして、怪しげな科学者たちの「ワクチン開発」という目的もよく考えてみると不思議で、「そもそもウイルスは人為的にばらまかれたのなら、それを阻止すればいいのでは?」と考えるのが普通です。しかし、そうはいかないという様子から疑惑が生じ、混乱が極まってきます。複雑なタイムスリップものSFが観たいかたには本作をおすすめいたします。

「12モンキーズ」

あらすじ

1996年に発生した謎のウィルスにより人類のほとんどが死滅し、生き残った人々は汚染された地上を捨て、地下での生活を余儀なくされていた。そして2035年、科学者たちはウイルスをばら撒いたとされる集団「12モンキーズ」の調査とワクチン開発のために必要なウイルスの原株を入手するため、服役中の囚人ジェームズ・コール(ブルース・ウィリス)を過去の世界へと送り込んだ。しかし、誤りによってジェームズは1990年にたどり着いてしまい、支離滅裂な言動と警官への暴力によって逮捕。精神病院に収容されてしまった彼は、病院内で出会ったジェフリー(ブラッド・ピット)という若い患者の手を借りて脱出を図る。

「12モンキーズ」は次の動画配信サイトで視聴できます!
※最新の配信状況は各配信サービス内でご確認ください。

 

まとめ

以上、「一分一秒を大事にしたくなる!時間がテーマの映画5選」でした。時間の扱いかたは作品によって異なりますが、共通しているのは「時間の大切さ」が強調されていることです。ついつい気を抜くとお金と同じように時間も浪費してしまいがちですが、そんなときは今回紹介したような映画を観て、時間の大切さを再確認したいですね。

※掲載動画は配給会社及びFandango Movieclipsから引用させていただきました。

【U-NEXT】月額2,189円が31日間無料 見放題作品数No.1
【Hulu】2週間無料 人気映画ドラマが月1,026円で見放題
【AmazonPrime】30日間無料 対象作品が月500円で見放題
 
  1. 一分一秒を大事にしたくなる!時間がテーマの映画5選
  2. 1.「TIME」
        「時は金なり」が実現した世界!貧困層の寿命はたった1日
  3. 2.「インター・ステラー」
        絶対に観ておきたいSF映画!時間と空間を超えた親子愛に感動!
  4. 3.「メメント」
        時間が逆行しながら進む物語!真相は事の始まりにあった
  5. 4.「オーロラの彼方へ」
        声のタイムトラベル!オーロラが出ているときだけ繋がれる父と息子
  6. 5.「12モンキーズ」
        パンデミックの原因は!?謎が謎を呼ぶ不穏な時間旅行
  7. 6.まとめ
  1. こちらの記事も人気です!
  2. おうち時間が充実!厳選した映画をジャンル別に紹介 #厳選映画ナビ
  3. 【保存版】デリバリー(出前)大手5社の比較まとめ!(2020)
  4. 2021年式!おうち時間の過ごし方


この記事をシェアする
映画と一緒に楽しむデリバリーおすすめ一覧
PAGE TOP