趣味

ハマり過ぎ要注意!1度は観ておきたい海外ドラマ5選!

シネコンや画面越しでは味わえない「ミニシアター/名画座」と呼ばれる小中規模の映画館の魅力にハマった映画好きのe-NAVITAスタッフのKが、実際に訪問した中からおすすめの「ミニシアター/名画座」をご紹介するこの連載。

今回は番外編として「ハマり過ぎ要注意!1度は観ておきたい海外ドラマ5選!」を紹介します。巣篭もりが増えて、お家でゆっくりと映画やドラマを観て過ごされているかたも多いのではないでしょうか。そんなかた向けに、映画通が選ぶ、思わずイッキ見してしまうこと間違いなしの海外ドラマを5本ご紹介いたします。U-NEXT、Hulu、Amazonプライムビデオ、dTV、Netflixなどの各動画配信サイト(VOD)で配信されている作品ですので、気になるかたは是非チェックしてみてください。

  1. ハマり過ぎ要注意!1度は観ておきたい海外ドラマ5選!
  2. 1.「THIS IS US 36歳、これから」
        ダントツでおすすめのハートフル・ヒューマンドラマ!共感できる人物が必ずいるはず
  3. 2.「ブレイキング・バッド」
        高評価すぎてギネス認定!?一般人が悪人になっていく過程とは?
  4. 3.「ハウス・オブ・カード 野望の階段」
        大統領お墨付きの政治闘争ドラマ!他の作品を観るときにも役に立つ知識が豊富
  5. 4.「ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ」
        医療ドラマの新しい見せ方!病院改革を目指す実話の物語
  6. 5.「ブラックリスト」
        悪くてカッコイイおじさまのNo1!寝食を忘れるほど魅了されてしまうこと間違いなし
  7. 6.まとめ
  1. こちらの記事も人気です!
  2. 【特集】何して過ごす?お家での暇つぶし方法おすすめ10選(2020)
  3. 料理・掃除・断捨離がしたくなる!家事のモチベが上がる映画5選!
  4. とにかく笑いたいときにおすすめ!気分を上げるラブコメ映画5選!

1.「THIS IS US 36歳、これから」
ダントツでおすすめの海外ドラマ!共感できる人物が必ずいるはず

「THIS IS US 36歳、これから」は、本記事の中で特におすすめの海外ドラマです。最大の魅力は脇役に至るまで人物の描き方が丁寧なことと、抱える苦悩がリアルな点です。そのため、自分と似た境遇の人物が見つかり「自分が出演している」と思えるほど深く共感できます。また、ストーリー構成がとても巧妙で、サスペンス系の作品と同じくらい伏線回収が気持ちよく、一気見が止まりません。このドラマがこれほど高いクオリティに仕上がった背景には、テレビ放送されるという事情があったからだそうです。PCやスマートフォンで1人で鑑賞するのが主流になりつつある今日において、家族で集まって”テレビで”鑑賞したくなるドラマにすることが課題でした。そのため、原点回帰して昔ながらの老若男女が楽しめるようなドラマを目指したところ、爆発的な人気を得て多くの賞も受賞しました。その面白さは1話目から堪能できますので、気になった方はぜひご覧ください。

「THIS IS US 36歳、これから」

あらすじ

誕生日が同じ36歳の男女3人。自分が演じる役に嫌気がさしているイケメン俳優、"脱肥満"を目標に努力する女性、幸せな家庭を築いているエリートビジネスマン。置かれている状況も性格もまったく異なる彼らには、誕生日以外にも共通点があった。人生の壁を乗り越えようとする中で、それぞれが大切なものを失い、そして見つけ、3人の運命の糸が次第にたぐりよせられていく。

2.「ブレイキング・バッド」
高評価すぎてギネス認定!?一般人が悪人になっていく過程とは?

「ブレイキング・バッド」は、高校の化学教師をしているごく普通のおじさんがドラッグの精製に手を出したことで、人生が180度変わってしまうドラマです。彼が作るドラッグは、驚くほど純度の高い仕上がりだったため、そのレシピを探ろうと麻薬カルテルが必死になるほどでした。そのため否応なしに裏の世界に巻き込まれて、科学教師とドラッグ精製者の2つの顔を持つことになってしまいます。以前の平凡な日常に戻れなくなった主人公の苦悩や家族との関係、心情の移り変わりを見事に描いたことで極めて高い評価を得ました。その評価はギネス世界記録に認定されるほどで、最終シーズンは批評サイト「Metacritic(メタクリティック)」でTVドラマ史上最高の100点満点中99点を得て、これが記録に認定されました。間違いなく面白いドラマですので、ぜひご覧ください。

「ブレイキング・バッド」

あらすじ

主人公のウォルター(ブライアン・クランストン)は、かつて成功を嘱望される化学者だったが、今はやる気のない高校生に授業を行うかたわら、洗車のアルバイトをして家計を助ける身。ところが肺がんだと判明し、余命はわずか2年と宣告される。ウォルターは自分が亡くなった後に家族が苦労しないよう財産を残そうと、ドラッグの精製に手を出す。

3.「ハウス・オブ・カード 野望の階段」
大統領お墨付きの政治闘争ドラマ!他の作品を観るときにも役に立つ知識が豊富

「ハウス・オブ・カード 野望の階段」はNetflixオリジナルドラマで、主人公フランクがアメリカ大統領を目指して政治闘争を繰り広げる物語です。このドラマのおすすめポイントは2つあり、まずひとつ目は「権力争いのリアリティが高い」こと。バラク・オバマ元大統領が夢中で鑑賞していたというほどのお墨付きなので、ホワイトハウス内で起きている権力争いの実情がどのようなものかを知ることができます。そしてふたつ目のおすすめポイントは「他の作品を観る際に役立つ知識」を豊富に得られること。物語の要素として「政治的な事情」「政治家の都合」が絡んでくる作品は多くありますが、それについての事細かな説明は少し割愛されがちです。ですが、このドラマで得た知識が補助することで、語られなかった部分の事情がわかり、より深く楽しむことができるようになります。映画やドラマが好きな人は、今後触れていく作品をより面白く鑑賞できるように「ハウス・オブ・カード 野望の階段」をご覧になってみてはいかがでしょうか。

「ハウス・オブ・カード 野望の階段」

あらすじ

新大統領誕生に沸くワシントンD.C.。その立役者で、民主党のベテラン下院議員のフランシス・アンダーウッド(ケヴィン・スペイシー)、通称フランクは、大統領選に尽力した見返りとして国務長官の地位を約束されていた。ところが、バスケス首席補佐官によってその約束を反故にされてしまう。突然の裏切りに怒り、復讐に燃えるフランクは、妻クレア(ロビン・ライト)の後押しもあり、ホワイトハウスを揺さぶる“ある計画”を練り始める。

4.「ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ」
医療ドラマの新しい見せ方!病院改革を目指す実話の物語

「ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ」は、実在の医師による回顧録をもとに作られた医療ドラマです。これまでの医療ドラマとはひと味違う設定のため、現在話題を呼んでいます。まず主人公が医者ではなく、メディカル・ディレクターという医療サービスの質向上を目指して病院組織のシステム全般を指揮していく役職であること。聞きなれない役職ですが、これは病院運営のマネージメントをする責任者のことをいいます。例えば、1話目の冒頭で主人公は診療費が不当に高い心臓外科を潰して、外科医たちをその場でクビにしてしまいます。この例のように、より多くの人を救うためにまず病院の構造改革を行っていくという設定が非常に面白く、高い評価を得ました。シーズン2放送中にシーズン5までの製作が決定したことからも、多くの人に続編を待望されているドラマであることがうかがえます。特に医療ドラマが好きな人は絶対に楽しめる作品だと思いますので、ぜひご覧ください。

「ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ」

あらすじ

舞台はニューヨークの公立病院ニュー・アムステルダム。新たに雇われたメディカル・ディレクター、マックス・グッドウィン(ライアン・エッゴールド)が、病院内の大胆な改革を打ち出して波紋を広げていく。最初はそんな彼のやり方をいぶかしんでいた医師やスタッフたち…。現場で数々の問題に直面してきた彼らに改善すべき点を聞き、マックスの熱意は次第に病院内の空気を変えていく。一方でマックス自身も妊娠中の妻ジョージ(アリサ・オヘア)との間に問題を抱えており、さらに人に言えない重大な秘密を抱えていた。

5.「ブラックリスト」
悪くてかっこいいおじさまのNo1!寝食を忘れるほど魅了されてしまうこと間違いなし

「ブラックリスト」は、FBIが凶悪犯を追うというジャンルとしては王道的な刑事モノのドラマですが、国際的な指名手配犯「レッド」と協力して捜査を進めていくという、設定からもひと味違った刑事ドラマです。このドラマの最大の魅力は「レッド」の人物像。作中でもっとも強烈な存在感を発揮しており、一度観たら忘れられないほどの印象深い人物です。知的でシニカルなユーモアにあふれ、ひと言ひと言に重みがある、ハット帽がとても似合うジェントルマンです。その反面、犯罪者としての底の知れない部分もあり、そのミステリアスな一面がさらに魅力を倍増させて、とんでもなくカッコイイおじさんになりました。この「レッド」のキャラクター性とあわせて展開される怒涛のサスペンス劇も一級品で、寝食を忘れて見続けてしまうこと間違いなしです。現在、日本ではシーズン7まで公開されてますので、たっぷりと楽しんでみてください。

「ブラックリスト」

あらすじ

レイモンド・“レッド”・レディントン(ジェームズ・スペイダー)は、何十年にも渡る、FBIの最重要指名手配犯。そんな彼が突然FBIに出頭し、特殊作戦本部で厳重に拘束される。するとレッドはテロリストのランコ・ザマニの逮捕に協力するという話をもちかけ、条件としてエリザベス・キーン(メーガン・ブーン)が自分の担当になるように要求。彼女はFBIアカデミーで訓練を終えたばかりの新米捜査官だった。さらに彼は20年かけて集めた世界中の犯罪者の情報 “ブラックリスト”を合衆国に提供すると申し出る。

まとめ

以上、「ハマり過ぎ要注意!1度は観ておきたい海外ドラマ5選!」でした。たまにはドラマをイッキ見して過ごすような贅沢をして、元気をチャージしましょう!

※掲載動画は各公式サイト、配給会社から引用させていただきました。

  1. ハマり過ぎ要注意!1度は観ておきたい海外ドラマ5選!
  2. 1.「THIS IS US 36歳、これから」
        ダントツでおすすめのハートフル・ヒューマンドラマ!共感できる人物が必ずいるはず
  3. 2.「ブレイキング・バッド」
        高評価すぎてギネス認定!?一般人が悪人になっていく過程とは?
  4. 3.「ハウス・オブ・カード 野望の階段」
        大統領お墨付きの政治闘争ドラマ!他の作品を観るときにも役に立つ知識が豊富
  5. 4.「ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ」
        医療ドラマの新しい見せ方!病院改革を目指す実話の物語
  6. 5.「ブラックリスト」
        悪くてカッコイイおじさまのNo1!寝食を忘れるほど魅了されてしまうこと間違いなし
  7. 6.まとめ
  1. こちらの記事も人気です!
  2. 【保存版】デリバリー(出前)大手5社の比較まとめ!(2020)
  3. おすすめの「ミニシアター/名画座」まとめ!
  4. 映画で旅行気分!人生観も変わる旅映画5選!
この記事をシェアする
年末年始におすすめ!ハウスクリーニング
PAGE TOP