趣味

こんな未来がいつか来る!?初心者におすすめのSF映画5選! #厳選映画ナビ Vol.14

年間200本以上の映画やドラマを鑑賞するe-NAVITAスタッフのKが「こんなかたにおすすめ」「楽しむポイント」などのプチ情報も交えながら、おすすめの映画をご紹介するこの連載。

ロボットや人工知能(AI)技術が日常生活にも浸透し始めている近年、「AIは人間に反乱するか?」という問題が提起されたり、アメリカが2019年に宇宙軍なるものを発足させたなど、「まるでSFのようだ」と思える出来事が増えてきたように思えます。そこで今回は、それらに先駆けて未来の社会や宇宙を表現してきたおすすめのSF映画をご紹介いたします。傑作SF映画には未来をズバリと予言するような描写があったり、最新の科学的見地を用いて表現した宇宙空間など、想像力が働くシーンが満載です。SF要素とヒューマンドラマのバランスがちょうどよく、SF初心者のかたでも楽しく鑑賞できる映画をセレクトしましたので、ぜひチェックしてみてください。また、紹介する映画はU-NEXT、Hulu、Amazonプライムビデオ、dTV、Netflixなどの各動画配信サイト(VOD)で配信されています。

【U-NEXT】月額2,189円が31日間無料 見放題作品数No.1
【Hulu】2週間無料 人気映画ドラマが月1,026円で見放題
【AmazonPrime】30日間無料 対象作品が月500円で見放題
 
  1. こんな未来がいつか来る!?初心者におすすめのSF映画5選!
  2. 1.「インターステラー」
        絶対に観ておきたいSF映画!時間と空間を超えた親子愛に感動!
  3. 2.「ウォーリー」
        人類がいなくなった地球に住むロボットのラブストーリー!
  4. 3.「エイリアン」
        シリーズ1作目が一番怖い!言わずと知れたSFホラー映画の金字塔!
  5. 4.「メッセージ」
        突如現れた巨大な宇宙船!宇宙人の言葉は解読可能か?
  6. 5.「コンタクト」
        目に見えないものを信じられるか?宇宙人、神、愛の存在を問うSF映画
  7. 6.まとめ
  1. こちらの記事も人気です!
  2. おすすめの「ミニシアター/名画座」まとめ! #魅惑のミニシアター
  3. 1度は観てほしい!人種差別との戦いを描いた感動作5選
  4. コレを見たらアメコミにハマる!初心者におすすめの名作5選

 

 

 

1.「インターステラー」
絶対に観ておきたいSF映画!時間と空間を超えた親子愛に感動!

「インターステラー」は、異常気象により住めなくなりつつある地球の代わりに、第二の地球となり得る惑星を探すため宇宙に旅立つ映画です。元宇宙飛行士の主人公は、とある事情でNASAの人類居住計画に参加することになり、自分の娘に「必ず戻ってくる」と約束して宇宙船に搭乗しました。しかし、この約束は到底叶えられないものでした。命の危険があることは当然ながら、仮に帰還できたとしても、それが「何年後になるのかわからない」からです。これが本作の肝となる「時間」の要素で、主人公が過ごす宇宙空間での環境と地球では、時間の流れる速度に違いがあるからです。少々ややこしいですが、浦島太郎が竜宮城で過ごしている間に、地上では長い年月が経過していたのをイメージいただけるとわかりやすいかもしれません。つまり、主人公にとっての1日が地球においては1年になっているような事態もあり得るのです。彼と娘は空間だけではなく時間さえも共有することができないという、宇宙ならではの壮大なスケールで親子愛が描かれます。このように、SFの要素が強いようでありながら、ストーリーの中心に据えているのはヒューマンドラマであるため、初心者にとてもおすすめしやすい映画です。また、最新の科学的見地を用いて描かれたワームホールやブラックホールは、これまでのイメージを刷新させるほど衝撃的です。「ブラックホールの周囲は光っている」なんて、筆者は本作を観るまで知りませんでした。

「インターステラー」

あらすじ

解散したと思われていたNASAでは、寿命が尽きかけている地球の代わりとなる新たな惑星を探す計画が極秘裏に進行していた。このミッションに選ばれたのはまだ幼い子供を持つ元宇宙飛行士のクーパー(マシュー・マコノヒー)。彼を待っていたのは、これまで常識が通用しない衝撃の宇宙。はたして人類の存続をかけたミッションを成し遂げることは可能なのだろうか。

「インターステラー」は次の動画配信サイトで視聴できます!
※最新の配信状況は各配信サービス内でご確認ください。

 

2.「ウォーリー」
人類がいなくなった地球に住むロボットのラブストーリー!

「ウォーリー」は、ゴミ処理の仕事を700年間続けている地球最後のロボットのウォーリーが、イブというロボットに恋をするアニメ映画です。植物が一切生えないほど汚染され尽くした地球を捨てて、人類は宇宙船で暮らしており、ウォーリーはもはや無意味となった仕事に従事し続ける孤独な日々を送っています。そんな日々を光で照らすようにイブというロボットが現れ、ウォーリーは恋をします。このロボット同士の恋愛模様を、会話をしないという描き方で特徴的にしているのが面白いです。そもそも、ウォーリーとイブには会話をする機能が備わっていません。その代わりに行動で自分の気持ちを伝えようとし、ウォーリーであれば、仕事中に見つけた面白いゴミをイブに見せてあげたり、手を繋ごうとするといった方法でアプローチをします。こういったプラトニックな雰囲気のシーンが連続するのが本作のラブストーリーとしての大きな魅力だと思います。また、このようにきっちりと恋愛を描きながらも、SFの醍醐味を楽しめるシーンもあるのが秀逸。先述した地球の環境汚染は、近い将来に起こり得そうな現実問題ですが、宇宙船で暮らす人々の生活も予言的です。人々は宙に浮く椅子に座りながら生活しており、移動もこれで済ませることができるという悠々自適な環境で過ごしています。しかし、生まれたときからこの椅子を使ってきたせいで、運動どころか歩くことすらしなくなり、全員体重が何百キロもありそうな体形になっています。「機械に頼りすぎて、ついに自分では何もできなくなってしまった」というSFらしい皮肉がこめられているこのシーンには、他人事ではないリアリティがあります。SFの壮大なスケールに圧倒されながら、ほっこりとさせてくれるハートフルな描写がある「ウォーリー」は、SF映画初心者のかたはもちろん、ファミリーで楽しく鑑賞するのにもおすすめです。

「ウォーリー」

あらすじ

ゴミだらけになった地球を人類が捨て去り、700年が経過した29世紀の地球。そこにはゴミ処理ロボットのウォーリーだけがいた。ただひたすらゴミ集めを続ける長い年月のうちに感情が芽生え、いつか誰かと手をつなぐことを夢に見ていた。そんな地球にある日、卵のようにピカピカのロボット、イヴがやってきてウォーリーは彼女に一目惚れする。

「ウォーリー」は次の動画配信サイトで視聴できます!
※最新の配信状況は各配信サービス内でご確認ください。

 

3.「エイリアン」
シリーズ1作目が一番怖い!言わずと知れたSFホラー映画の金字塔!

「エイリアン」は、地球への帰還途中だった宇宙貨物船ノストロモ号に凶悪なエイリアンが侵入し、乗員を次々と襲っていくSFホラー映画です。エイリアンは非常に攻撃的で、人間を見かけるとすぐに襲いかかり、生身では闘いにならないほど強いです。そんな生物と宇宙船という密閉された空間を共にしているというだけで、卒倒しそうなほどの恐怖に苛まれます。加えて、これに拍車をかけるのがエイリアンの生体の特徴。エイリアンの血は強酸性で、出血させると船に穴を開けてしまうのです。そのため銃や刃物で応戦することができません。撃退することがほとんど不可能なエイリアンに、一方的に襲われていく状況はまさに絶望そのもの。いったいこの窮地をどうやったら脱することができるのか、息が詰まるほどの緊張感が途絶えません。そして、本作の最大の魅力はやはりエイリアンのデザインです。先述の通りエイリアンは恐ろしい存在なのですが、その唯一無二の秀逸なデザインは、怖いのにその姿を見たくなってしまうという矛盾した想いを抱かせます。「エイリアン」は言わずと知れた名作ですが、ホラーであるため鑑賞を控えてるかたもいらっしゃるかもしれません。しかし、一度は観ておいて損はない映画ですので、ぜひご覧ください。余談ですが、元々外国人を意味する「エイリアン(Alien)」が本作のヒットにより、「(攻撃的な)異星人」を意味する単語として広く定着しました。

「エイリアン」

あらすじ

宇宙船ノストロモ号の乗組員は地球への帰還途中だったが、船を制御するコンピューター「マザー」が、知的生命体から発信されたと思われる信号を受信し、その発信源である惑星に針路を変更していたことが判明する。困惑する乗組員達だが、会社との雇用契約書に「知的生命体からと思しき信号を傍受した場合は調査するように」と書いてあるため、やむなくノストロモ号は発信源の小惑星に降り立った。そこには化石となった宇宙人や、巨大な卵のような物体が無数に乱立する空間が待ち受けていた。

「エイリアン」は次の動画配信サイトで視聴できます!
※最新の配信状況は各配信サービス内でご確認ください。

 

4.「メッセージ」
突如現れた巨大な宇宙船!宇宙人の言葉は解読可能か?

「メッセージ」は、言語学者の主人公が、世界各地に突如現れた宇宙人「ヘプタポッド」の言葉を解読して飛来の目的を探る映画です。本作の見どころは、「宇宙人とのファーストコンタクトのリアリティ」と、「宇宙人の言葉の解読方法」です。SF作品でのファーストコンタクトは、物語の序盤で描かれる、日常から非日常の世界に移り変わっていくシーンにリアリティがあると映画に深く没入できます。本作はそれがとてもよくできており、宇宙船飛来の報道に騒然とする人々、我先にと身勝手な運転で事故に遭う車、終末論を語るカルト団体や宇宙人を撃退すべきという過激派の出現など、説得力のあるシーンが冒頭で連続して写され、未知なる存在を前にしたときの人間が丁寧に描かれています。その上で宇宙人とのコンタクトがあるので、「現実で同じ状況になったら世界はこうなるんだろうなあ」というハラハラとした印象を残しながら物語が進んでいきます。もうひとつの見どころ「宇宙人の言葉の解読方法」は、「どうやったら解読できるのか」について正面から科学的に考察しているところが目新しくて面白いです。主人公は言語学のエキスパートなのですが、その見地を持ってしても解読は一筋縄でいかず、ドラえもんの「翻訳こんにゃく」のような道具は当然ないので、科学の手法でもって地道に挑んでいくしかありません。敵か味方かもわからない宇宙人を相手に警戒しながらも、試行錯誤によって少しずつ言葉の意味が紐解けていく様子は、SFの醍醐味が凝縮されたワンシーンになっています。本記事の中では一番SF要素が濃い映画ですので、バリバリのSF映画が観たいかたはもちろん、初めてのSF映画としてもおすすめできる作品です。

「メッセージ」

あらすじ

世界各地に謎の宇宙船が現れ、言語学者のルイーズ・バンクス(エイミー・アダムス)、物理学者のイアン・ドネリー(ジェレミー・レナー)、はアメリカ軍からの要請により調査に参加することになる。「ヘプタポッド」と名付けられた知的生命体は、足の先から出した黒い霧を円状に描くことでコミュニケーションをとろうとしている様子。ルイ―ズはこれは文字ではないかという仮説をもとに彼らの言葉を解読していく。そこで判明した彼らのメッセージとは。

「メッセージ」は次の動画配信サイトで視聴できます!
※最新の配信状況は各配信サービス内でご確認ください。

 

5.「コンタクト」
目に見えないものを信じられるか?宇宙人、神、愛の存在を問うSF映画

「コンタクト」は、電波天文学者の主人公が地球外生命体がいることを証明しようと奮闘する映画です。本作のテーマは「目に見えないものを信じる」というものです。幼い頃から科学と数学に特別な才能を発揮していた主人公は、やがてSETI(地球外文明探索)の研究者となり、宇宙から発信される電波を観測する日々を送っています。しかし、数十億もの星の中から宇宙人を探すという研究には否定的な意見も多く、続行が不可能になるほど予算をカットされるなど、周囲の理解を得られず苦悩しています。主人公は宇宙人の存在を信じて疑わない人物ですが、その一方、神の存在には否定的な立場です。物語の途中、政府の宗教顧問を勤めているかつての恋人と再会して親しくなった際、彼が神を信じていると語ったところ、「神は実証できないから存在しない」と一笑に付します。ところが、この振舞い方はまさに宇宙人の存在を信じない人たちとまったく同じ否定の仕方です。ここで本作は、神への信仰心と未知の生物に対しての探究心を対比させることで先述したテーマに触れます。このふたつは相反するようでありながら、「目に見えないものを信じる」という点で同じ志を持った分野なのです。そして、それは愛に関しても同様であることを主人公は徐々に実感していきます。宇宙人、神、愛の存在を並行的に語りながら、存在が不確かなものを信じなくては人間は生きていけないというメッセージを伏流させている傑作SF映画が「コンタクト」です。

「コンタクト」

あらすじ

SETI(地球外文明探索)の研究者として働く電波天文学者のエリー(ジョディ・フォスター)は、物心ついた時から常に、「なぜ私たちはここにいるのか。私たちは何者なのか」という疑問の答えを求めていた。その答えが遥か彼方の星空にあると信じて耳を凝らす日々を送っていたが、資金繰りが苦しくなった事により計画は頓挫させられてしまう。そんな中、ようやく見つけた風変わりな大富豪ハデン(ジョン・ハート)のバックアップの元、エリーはプロジェクトを再開させ、遂にその「声」をキャッチした。

「コンタクト」は次の動画配信サイトで視聴できます!
※最新の配信状況は各配信サービス内でご確認ください。

 

まとめ

以上、「こんな未来がいつか来る!?初心者におすすめのSF映画5選!」でした。SF映画で名作とされるものの中には、ハードSFに分類される難解な作品もあります。どのSF映画ランキングでも必ず上位にランクインする「2001年宇宙の旅」(1967年)はそれの典型で、原作の小説が出版されるまで誰も物語を理解できなかったほどです。その一方、後世に与えた影響はとても大きく、「ウォーリー」にはパロディシーンもあります。SF映画に興味を持たれたかたは、近年の映画に触れてから、過去の映画を鑑賞すると、するっと飲み込むように観られるかもしれません。ぜひ本記事を参考にしてSF映画を楽しんでください。

※掲載動画は配給会社及びFandango Movieclipsから引用させていただきました。

【U-NEXT】月額2,189円が31日間無料 見放題作品数No.1
【Hulu】2週間無料 人気映画ドラマが月1,026円で見放題
【AmazonPrime】30日間無料 対象作品が月500円で見放題
 
  1. こんな未来がいつか来る!?初心者におすすめのSF映画5選!
  2. 1.「インターステラー」
        絶対に観ておきたいSF映画!時間と空間を超えた親子愛に感動!
  3. 2.「ウォーリー」
        人類がいなくなった地球に住むロボットのラブストーリー!
  4. 3.「エイリアン」
        シリーズ1作目が一番怖い!言わずと知れたSFホラー映画の金字塔!
  5. 4.「メッセージ」
        突如現れた巨大な宇宙船!宇宙人の言葉は解読可能か?
  6. 5.「コンタクト」
        目に見えないものを信じられるか?宇宙人、神、愛の存在を問うSF映画
  7. 6.まとめ
  1. こちらの記事も人気です!
  2. おうち時間が充実!厳選した映画をジャンル別に紹介 #厳選映画ナビ
  3. 【保存版】デリバリー(出前)大手5社の比較まとめ!(2020)
  4. 2021年式!おうち時間の過ごし方


この記事をシェアする
歴史や文化に触れてみよう!おすすめスポット一覧
PAGE TOP