趣味

子供から大人まで感動!家族で観たい名作5選 #厳選映画ナビ Vol.08

年間200本以上の映画やドラマを鑑賞するe-NAVITAスタッフのKが「こんなかたにおすすめ」「楽しむポイント」などのプチ情報も交えながら、おすすめの映画をご紹介するこの連載。

外出自粛による巣ごもり生活の増加で、家族やお子様といっしょに過ごす機会が増えたかたもいらっしゃると思います。そんなかた向けに家族みんなで楽しんで感動できる映画をチョイスしました。U-NEXT、Hulu、Amazonプライムビデオ、dTV、Netflixなどの各動画配信サイト(VOD)で配信されている作品ですので、気になるかたは是非チェックしてみてください。

  1. 子供から大人まで感動!家族で観たい名作5選
  2. 1.「リメンバー・ミー」
        家族愛は不滅!歌が繋ぐ家族の絆と死者の国での奇跡!
  3. 2.「ホーム・アローン」
        爆笑必至!家に1人残された少年と泥棒が織り成すスーパーコメディ
  4. 3.「リトル・ミス・サンシャイン」
        問題だらけの家族の笑って泣ける800マイルのドライブ旅行
  5. 4.「E.T.」
        お子様との鑑賞におすすめ!異星人と子どもたちの交流を描いたSFファンタジー!
  6. 5.「チャーリーとチョコレート工場」
        チョコレートから始まる夢のような体験!大人でも憧れるお菓子の工場
  7. 6.まとめ
  1. こちらの記事も人気です!
  2. おすすめの「ミニシアター/名画座」まとめ! #魅惑のミニシアター
  3. 料理・掃除・断捨離がしたくなる!家事のモチベが上がる映画5選!
  4. とにかく笑いたいときにおすすめ!気分を上げるラブコメ映画5選!
  5. ハマり過ぎ要注意!1度は観ておきたい海外ドラマ5選!

1.「リメンバー・ミー」
家族愛は不滅!歌が繋ぐ家族の絆と死者の国での奇跡!

「リメンバー・ミー」は、死者の国に迷い込んだ主人公の少年が元の世界に戻ろうとする冒険を描いたディズニー&ピクサーのアニメーション映画です。公開時は「今年一番家族に会いたくなる映画」と言われ、ストーリー、ビジュアル、音楽、すべての面で高い評価を得て、邦題にもなっている劇中歌の「リメンバー・ミー」は第90回アカデミー賞で主題歌賞を受賞しました(並びに長編アニメーション賞)。少年はとあることがきっかけで「死者の国」に行ってしまうのですが、ここでモチーフとなっているのがメキシコの「死者の日」です。これは1年に一度、死者の魂が戻ってくるという日本のお盆と似た風習のお祭りで、作中では亡くなった先祖たちとの交流が描かれます。このように現実世界の人も含めてほとんどの登場人物が少年の家族で構成されている徹底的な家族映画で、これまでのディズニー&ピクサー作品にはないほど緻密に描かれた家族模様を楽しむことができます。そして、 その家族を繋ぐ絆の秘密が「歌」であり、物語の鍵となっています。クライマックスは涙無しに観れないほど感動的で、鑑賞後は自分の家族に想い馳せること間違いなしです。ぜひ家族みんなで鑑賞してみてください。

「リメンバー・ミー」

あらすじ

主人公のミゲルは音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。それでもミュージシャンになる夢を諦めきれないミゲルは伝説のミュージシャン・デラクルスの霊廟に飾られたギターを手に、先祖が家族に会いにくるという「死者の日」に開催される音楽コンテストに出る決意をする。そのギターを奏でた瞬間、夢のように美しく、テーマパークのような「死者の国」に迷い込んでしまう。

2.「ホーム・アローン」
爆笑必至!家に1人残された少年と泥棒が織り成すスーパーコメディ

「ホーム・アローン」は、慌て者の家族に置き去りにされた8歳の少年が、2人組の泥棒から家を守るためにアイディアを駆使して家を守るコメディ映画です。周りからトラブルメーカー扱いされている少年のイタズラが、泥棒退治の際には有効に働くという逆転現象が気持ちよく、カタルシス溢れるシーンが満載です。特に工作が好きなお子様にとっては、主人公がヒーローのように見えるかもしれません。身近な道具を使ってさまざまなギミックの工作をするシーンからは、少年の独創性を感じられて創意工夫の面白さがあり、それが見事に泥棒にかかると、笑いとあわせて「上手くいった!」とスカッとさせてくれます。トラップにめげない泥棒たちが何度も突撃しては返り討ちにあういたちごっこが、とてもコミカルなので終始笑いが絶えません。また、笑えるだけではなく、心温まるような家族愛のシーンもあり、段々と笑いから優しい微笑みに変わっていって、ハートフルなエンディングを迎えます。家族で笑いながらテレビを囲いたいときには「ホーム・アローン」をご覧になってみてはいかがでしょうか。

「ホーム・アローン」

あらすじ

パリでクリスマスを過ごそうと飛行機に乗り込んだ15人の大家族。だが、飛行機の中で8歳のケビン(マコーレー・カルキン)を家に置いてきたことに気が付く。家に取り残されたケビンは、家族の心配とは裏腹に1人の自由を思う存分楽しんでいたが、そこに2人組の泥棒が現れる。

3.「リトル・ミス・サンシャイン」
問題だらけの家族の笑って泣ける800マイルのドライブ旅行

「リトル・ミス・サンシャイン」は、カリフォルニアで行われる美少女コンテストに急遽主人公の少女が参加することになり、家族6人が古ぼけたマイクロバスで800マイルの旅に出るコメディ映画です。この家族は1人ひとりが個性の強い変わり者で、仲睦まじい家族旅行にならず、道中は常にトラブルが発生してしまいます。そこで家族間の衝突が起きることもしばしばありますが、その出来事をきっかけに、相手の本音が見えてお互いを理解していくといったような、ホームドラマとロードムービーの要素が融和したストーリーになっています。少しシリアスな空気が漂いそうな状況になっても、それを笑いに包んで明るい雰囲気を絶やさず、ラストまで笑いながら観られるのでとても観やすいです。それでいて、家族が一丸となって前に進んでいく姿が理想的な家族の在り方のように見え、教訓的に学べるシーンが物語に厚みを持たせており、鑑賞後は「映画を観た!」という満足感に浸れます。本作の元々の配給体制は大作のように規模の大きいものではありませんでしたが、映画祭で高い評価を得て口コミで広がり、第79回アカデミー賞で脚本賞と助演男優賞を受賞するまでに至りました。笑いだけではなく、家族の在り方についても触れてみたい人は、ぜひ「リトル・ミス・サンシャイン」をご覧ください。

「リトル・ミス・サンシャイン」

あらすじ

落ちこぼれ家族の奇妙の旅を描いたハートフル・ムービー。なんともブサイクでおデブちゃんな少女・オリーブ(アビゲイル・ブレスリン)が、ひょんなことから全米美少女コンテストの地区代表に選ばれた。それぞれ問題を抱える落ちこぼれ一家が、黄色のオンボロ車に乗り、決戦の地カリフォルニアを目指すことになる。

4.「E.T.」
お子様との鑑賞にはこの映画!異星人と子どもたちの交流を描いたSFファンタジー!

「E.T.」は、少年と異星人の交流を描いた感動SFファンタジー映画です。地球に一体だけで置いてきぼりにされてしまったE.T.を、主人公の少年が周囲の大人たちに見つからないようにかくまいながら、母星への帰還をサポートする物語で、その交流の中で少年と異星人の心が通じあっていきます。いじめられっ子で内気な少年が守るものを見つけて少しずつ逞しくなっていく成長物語なので、子供のときにしか持てない視点があるうちに一度は観ておきたい映画です。言わずと知れた名作ですが、最近では地上波で放送されることも減り、 作品名も知らないお子様も多いと思いセレクトしました。小さなお子様がいらっしゃるかたは、ぜひ今のうちに親子で本作を鑑賞されることをおすすめします。「小さい頃に一度観たきり」という大人も改めて観なおしてみると、少年が母子家庭であるというバックグラウンドや、悪人に見えた周囲の大人たちの見え方が変わって、昔とは違った印象を持つかもしれません。少年の姿を見て忘れていた心を思い出して心打たれること間違いなしなので、初見のかたも鑑賞済みのかたもぜひご覧ください。

「E.T.」

あらすじ

アメリカのとある森に、地球の植物を調査するため宇宙船が飛来する。人間たちの追跡が迫り、宇宙船は逃げるように飛び去るが、その際に1人の異星人が取り残されてしまう。森のそばに暮らす少年エリオット(ヘンリー・トーマス)は、その異星人と出会い家にかくまう。エリオットは兄と妹を巻き込み、E.T.と名づけた異星人と交流を深めていく。

5.「チャーリーとチョコレート工場」
チョコレートから始まる夢のような体験!大人でも憧れるお菓子の工場

「チャーリーとチョコレート工場」は、5枚だけ存在する黄金のチケットを手に入れた子供たちが、ウィリー・ウォンカの巨大なお菓子工場を見学するという映画です。この工場の中には、すべてがお菓子でできている部屋があり、食べられる木やチョコレートの滝なども出てきます。お菓子の家ならぬ、お菓子の城と言っても過言ではないほどのお菓子天国が観られる本作は、まさに子供の夢を叶えた作品のひとつとして数えることができるかもしれません。本作は最初から最後まで、ディズニーランドのアトラクションに乗っているような気分になれる華やかなビジュアルのシーンが連続し、大人も子供も問わず「行ってみたい!」と感じさせてくれます。一枚の板チョコから始まる冒険というのも、子供心をくすぐる絶妙な設定で、物語とビジュアル面において子供が一番目を惹かれる映画は、本記事の中では「チャーリーとチョコレート工場」だと思います。ポップなだけではなく、ストーリーの肝として父子関係に焦点をあてており、この工場ができた理由もそこに関連してきます。「父親は子供にどう接するべきか」についてのメッセージが込められていますので、特に父子で観るのにぴったりの映画です。

「チャーリーとチョコレート工場」

あらすじ

チョコレート工場主ウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)が、黄金のチケット入りのチョコレートを買った子供5人を工場見学にご招待。貧しいが純真な少年チャーリー(フレディ・ハイモア)はじめチケットを手に入れた5人の少年少女たちは、チョコレート工場に招かれて奇妙な体験をしていく。

まとめ

以上、「子供から大人まで感動!家族で観たい名作5選」でした。スマートフォンの普及により、映画やドラマは1人で鑑賞するという方も増えていますが、やはり家族でテレビを囲んで映画を観るという過ごし方は、ひとりでの鑑賞とはまた違った楽しみがあります。本記事を参考にぜひ家族での映画鑑賞を楽しんでみてはいかがでしょうか。

※掲載動画はYouTube Movies、配給会社から引用させていただきました。

  1. 子供から大人まで感動!家族で観たい名作5選
  2. 1.「リメンバー・ミー」
        家族愛は不滅!歌が繋ぐ家族の絆と死者の国での奇跡!
  3. 2.「ホーム・アローン」
        爆笑必至!家に1人残された少年と泥棒が織り成すスーパーコメディ
  4. 3.「リトル・ミス・サンシャイン」
        問題だらけの家族の笑って泣ける800マイルのドライブ旅行
  5. 4.「E.T.」
        お子様との鑑賞にはこの映画!異星人と子どもたちの交流を描いたSFファンタジー!
  6. 5.「チャーリーとチョコレート工場」
        チョコレートから始まる夢のような体験!大人でも憧れるお菓子の工場
  7. 6.まとめ
  1. こちらの記事も人気です!
  2. おすすめの「ミニシアター/名画座」まとめ! #魅惑のミニシアター
  3. 【保存版】デリバリー(出前)大手5社の比較まとめ!(2020)
  4. 【特集】何して過ごす?お家での暇つぶし方法おすすめ10選(2020)
この記事をシェアする
映画と一緒に楽しむデリバリーおすすめ一覧
PAGE TOP