コダチセイケイ ケイセイゲカ

こだち整形・形成外科

新宿区で整形外科・リハビリテーション科・形成外科を診療しているクリニックです。
病院・医療
  • 整形外科
  • リハビリテーション科
  • 形成外科
エリア
東京都新宿区
最寄り駅
JR 中央線/中央・総武線 市ヶ谷駅 より徒歩5分
東京メトロ 有楽町線/南北線 市ヶ谷駅 5・6番出口よりすぐ
お気に入りに追加
お気に入りを解除
メッセージ
【整形外科】
◆腰痛症
腰部に痛みがあるにも関わらず、レントゲンや血液検査では異常が見られないものの総称です。腰痛といっても様々で、腰部の鈍痛、放散痛、電撃痛などの痛みや、腰を動かした時に痛んだり、腰部の筋肉を押すと痛むなど、様々です。重労働やオーバーワークなどのよる筋肉疲労が原因と考えられえています。

◆頚肩腕症候群
頚肩腕症候群とは、文字の通り首や肩周り、腕に症状が表れるものですが、症状や程度には個人差があります。首、肩、腕、手指にかけて、痛みやしびれ、だるさ(倦怠感)、力が抜けるかんじ(脱力感)、冷たいなどの症状があります。

◆四十肩・五十肩
四十肩・五十肩というのは、俗称で、正しくは肩関節周囲炎といいます。四十肩・五十肩と肩凝りは、どちらも同じ周辺に起こる症状ですが、肩凝りの多くが筋肉の血行不良によって引き起こされるものに対し、 四十肩・五十肩は、肩の関節、関節周囲の靭帯・筋・腱・関節包などが、炎症や拘縮を起こすからとされています。
症状の主な特徴として、「肩から腕にかけて痛む」「上下・水平の動きが制限される」などが挙げられます。

◆変形性膝関節症等の身体各部の痛み
変形性膝関節症とは、関節内で骨と骨が直接こすれ合わないように骨の表面をおおってクッションの役割を果たしている「関節軟骨」のすり減りや筋力の低下が要因となって、膝の関節に炎症が起きたり、関節が変形したりして痛みが生じる病気です。50歳代以上の肥満気味の女性に多く見られ、男性の場合は、60歳代から多くなるようです。痛み方の特徴として、動かしたときに痛むことが挙げられます。

【リハビリテーション科】
・はり師・マッサージ師・柔道整体師など多彩なスタッフにより、患者さんの症状に適したマッサージ治療を行います。
・ストレッチ療法・運動療法も適宜行います。
・低周波・干渉波・温熱治療器・各種牽引装置など最新のリハビリ機器を取り揃えております。

【形成外科】
・必要に応じて手術も行います。
・切り傷などの怪我は、最初から形成外科的に治療します。

<形成外科で取り扱っている疾患>

・末梢神経障害(しびれ・痛み)
・関節炎(肩・肘・膝・手)
・腱鞘炎(ばね指・テニス肘・手根管症候群)
・皮膚腫瘍(おでき・黒子・脂肪腫・粉瘤・イボ)
・火傷・外傷による傷跡
・外反母趾
・爪疾患(巻き爪・陥入爪)
・顎関節症
・顔面外傷
・腋臭症  など
院長 小立 健
東京都新宿区で整形外科・リハビリテーション科・形成外科を 診療しているクリニックです。
どうぞよろしくお願いします。

<略歴>
昭和59年 東京慈恵会医科大学卒業
    第77回医師国家試験合格
昭和62年 医学博士の学位受領
平成8年 東京慈恵会医科大学形成外科    講師
平成10年 東京都職員共済組合青山病    院医長
平成13年 こだち整形・形成外科開院

現在に至る

<所属学会>
日本整形外科学会 会員
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
~公式ホームページのご案内~■

スポット基本情報

スポット名 こだち整形・形成外科
TEL 03-3260-7721
FAX 03-3260-8030
住所 〒162-0843
東京都新宿区市谷田町 1-19 共同建設ビル 2F
営業日
09:00~12:30 ×
14:30~18:00 × ×
診療時間:
9:00~12:30 14:30~18:00
休診日:
土曜午後・日曜・祝日
HP http://www.hospita.jp/detail/225/
PAGE TOP