サイキガンカ

さいき眼科

日帰り白内障手術
病院・医療
  • 医院
  • 眼科
エリア
埼玉県さいたま市大宮区
最寄り駅
JR東日本各線 大宮駅 から徒歩15分
お気に入りに追加
お気に入りを解除
ご挨拶と診療案内のご紹介です
院長の斎木です。私は長年の臨床経験をもとに、眼科全般の疾患に関して地域の皆さんに安心して医療を受けていただけるように努めております。どんなことでもご遠慮なくご相談ください。

当院の診療内容は、眼科一般診療、緑内障、白内障、加齢黄斑変性症や糖尿病網膜症などの疾患、アレルギー性結膜炎、花粉症、ドライアイ、ものもらいなどの診療、近視などの屈折異常、眼鏡やコンタクトレンズの処方を行っています。

また、各種日帰り手術も行っております。白内障や涙道、先天性鼻涙管閉鎖症、麦粒腫、逆さまつ毛、眼瞼下垂などです。各種レーザー治療も行っております。
■白内障手術について
白内障とは、目の中の水晶体が濁ってくる病気です。原因は多くが加齢によるものとされています。白内障の治療は、初期の場合は点眼薬で進行を遅らせますが、濁ってしまった水晶体は元に戻りません。進行して日常生活に支障が出てくると、手術を行います。

現在の白内障の手術は、日帰りで行えるようになりました。当院でも日帰り手術を行っており、最新の機器を使って安心、安全に受けていただけるようになっています。

術前には入念な検査と診察を行い、経験豊富な院長が執刀しますのでご安心ください。
■鼻涙管閉塞症手術について
通常、涙を流しても涙がこぼれないのは、まぶたの内側にある穴から涙道を通って鼻の中に流れるからです。その涙道が狭くなったり、詰まってしまうと涙の流れが悪くなります。そのため涙目になってしまいます。

涙があふれてしまうと見えにくくなったり、まぶたがただれてしまうことがあります。涙道に感染が起きて涙嚢が化膿すると、腫れて痛み、涙嚢炎になります。

根本的に治療する方法として、涙管チューブ挿入術を行います。涙道専用の内視鏡を使い、閉塞を開放して専用のチューブを挿入するのです。手術は局所麻酔で15分くらいで終わります。挿入したチューブは3か月くらい留置した後除去します。

お悩みの方はぜひ一度ご相談ください。
■近視進行抑制の点眼薬について
当院では、お子様の近視の進行を抑制するための目薬の処方もしております。子どもの近視は眼球が楕円形に伸びることで生じます。

一度眼球が伸びてしまうと戻らないので、それを抑止するために点眼薬を使用するのです。その点眼薬が低濃度アトロピン0.01点眼薬です。

安全であることも証明されておりますので安心して使っていただけます。なお、この治療は自費診療となります。ご希望の方はご相談ください。

スポット基本情報

スポット名 さいき眼科
TEL 048-783-5815
住所 〒330-0804
埼玉県さいたま市大宮区堀の内町 1-330 ハートフル大宮 202
営業日
診療時間:
月火水金 9:00~12:30/14:30~18:00
土    9:00~12:30
火(手術) 12:30~14:30
休診日:
木曜・土曜午後・日曜・祝日
HP http://r.goope.jp/saiki-eye
PAGE TOP