エチゼンシッキキョウドウクミアイ

越前漆器協同組合

うるしの里会館の回廊式の建物では木地から加飾まで漆器の製造工程や歴史的資料等見学できます。
文化・ミュージアム
  • 資料館
エリア
福井県鯖江市
最寄り駅
JR北陸本線 鯖江駅 から車で16分
北陸自動車道 鯖江ICから下車28分
お気に入りに追加
お気に入りを解除
■ 理事長挨拶
業務用漆器(ホテルやレストラン等で使われる漆器)の製造で全国の80%を超えるシェアを持つ迄に成長した我が越前漆器産地は福井県鯖江市にあり、約1500年の伝統の技術に支えられて発展してきました。鯖江市の地場産業である眼鏡枠・繊維と代表する三つの地場産業に数えられています。
先人達の努力は言うまでも有りませんが、地場産業として、越前漆器産地は河和田地区民の大きな支えの中で、成長すると共に、地区に欠くことの出来ない産業になりました。
日頃の生活の中にとけ込んでいて、ユーザーの方々は漆器と意識されていないものから、心に安らぎを与える伝統ある工芸品まで生産しております。
また、現在ではお椀や箸などの日用品に加え、国内の様々な祭で使用する山車の漆塗りも行えるようになりました。越前産地の漆器のご愛用を心よりお礼申し上げます。

理事長 土田 直
■ 組合のおもな取り組み
伝統技術を大切に守りながら、それをベースに、伝統技術を生かし、時代のニーズに合った漆器づくりを柱として指導、育成にあたっています。

●うるしの木植栽
越前漆器協同組合では平成28年からうるしの木の植栽を行っています。
年間約1000本のうるしの木を植栽し、10年間で1万本のうるしの木を植えていきます。

●越前漆器展覧会の開催
越前漆器の職人たちがつくった漆器が展示され、審査員によって審査が行われます。
高い技術の継承を目指し毎年開催されています。
●学校給食用食器の開発・製造
独自の漆や製造方法により洗浄乾燥機に対応し、煮沸試験やモニター試験を実施し導入となりました。また、現在では新しく樹脂食器においても開発・試験を終了し、販売を始めています。

●山車の漆塗り
国内の様々な地域で行われている祭り用の山車に対して漆塗りを行っています。
また、企業や施設のエントランスホールなどに設置できる装飾用の小型山車も製造し納品しています。

●展示会の出展・需要開拓
インターナショナル・ギフトショーに出展を行っています。
新製品の展示を行うことにより新規市場の開拓、新規顧客開拓を行っています。

スポット基本情報

スポット名 越前漆器協同組合
TEL 0778-65-0030
FAX 0778-65-0550
住所 〒916-1221
福井県鯖江市西袋町 37-6-1
営業日
開館時間:
9:00~17:00
休館日:
毎月第4火曜日休館(休館日が祝日の場合は営業し、翌日に休館いたします。)
年末年始12月29日~翌年1月3日休館
HP http://www.echizen.or.jp/
Facebook https://www.facebook.com/echizenshikki.cooperative/
Twitter https://twitter.com/echizenjapan
駐車場 あり
PAGE TOP