トリックアートビジュツカン

トリックアート美術館

日本一のトリックアート美術館
文化・ミュージアム
  • 美術館
エリア
東京都八王子市
最寄り駅
八王子駅南口総合事務所から車で20分
八王子市南大沢事務所から車で35分
八王子市北野事務所から車で25分
京王電鉄高尾線 高尾山口駅 から徒歩1分
トリックアート美術館に行く前にチェック!
お気に入りに追加
お気に入りを解除
~高尾山トリックアート美術館について~
高尾山の麓に不思議の迷宮が…ようこそ、トリックアートの世界へ!

高尾山トリックアート美術館は1996年4月、東京の西、高尾山の麓にオープンしました。
だまし絵の歴史は古くは約2000年前に遡り、そしてほぼルネッサンス期に技術的に確立されたと言われています。
高尾山トリックアート美術館のコンセプトはまさしくその当時のだまし絵をトリックアートで再現すること、「あたかもそこに本物が存在するが如く」をテーマとしています。豊な自然に囲まれた高尾山の麓、京王線高尾山口駅の目の前に高尾山トリックアート美術館はあります。
新緑、紅葉と四季折々に様々な姿を見せてくれる高尾山の豊な自然を満喫しながら、今までの既成概念を捨てて高尾山トリックアート美術館をご堪能下さい。きっと新たな発見が皆様をお待ちしています。


\魅惑のトリックアートが目白押し/

■アートとアミューズメントの融合、それが【トリックアート美術館】

「あたかも本物が存在するが如く」をテーマに創造されたトリックアートは、見る人と画家との戦いでもあります。
人間には物を正しく判断しようとする本能があります。しかし、又人間には思い込みや先入観があるため、目に写った事を脳が誤って判断することから起きる視覚のズレ、つまり「錯覚」が起こってしまうのです。
画家は巧みにその錯覚を利用し、かたや見る人はそれを無意識に暴こうとする。この「錯覚」と「現実」との一瞬のズレ、その心もようを楽しむことが、「高尾山トリックアート美術館」の最大の醍醐味ではないでしょうか?

■「だまされる快感」、そして「脳いきいき」それが「トリックアート美術館」

近年世界中の研究者が発表しているだまし絵、錯覚アートを見るだけで脳が活性化されるとの研究リポートもそのような人間の本能を刺激することによって起こる変化といえます。だまし絵をもとに創造されたトリックアートで「だまされる快感」を体感できるでしょう。
今までの既成概念を捨てて高尾山トリックアート美術館をご堪能下さい、きっと新たな発見が皆様をお待ちしています。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
あなたもカメラを持って高尾山トリックアート美術館へ出発!!
カメラを持って美術館へ
エ!!と思われますが、高尾山トリックアート美術館は、本来美術館ではダメと思われることすべてがOK。
写真を撮って絵に触ってワイワイ、ガヤガヤみんなで大騒ぎ。これが高尾山トリックアート美術館の正しい楽しみ方、他人に迷惑を掛けなければなんでもOK。
あなたもビデオカメラを片手に映画監督。

トリックアート美術館の基本情報

スポット名 トリックアート美術館
TEL 042-667-1081
FAX 042-667-1090
住所 〒193-0844
東京都八王子市高尾町 1786
営業日
開館時間:
4月~11月:10:00~19:00
12月~3月:10:00~18:00
※入館は閉館30分前まで
※1度ご退館された方の再入館は出来ませんのでご了承ください。
不定休:
基本的に無休ですが、作品補修及びリニューアル時など休館させていただくことがあります。
HP http://www.trickart.jp/
PAGE TOP