イリョウホウジンスウコウカイホクセツクリニック

医療法人 崇孝会 北摂クリニック

豊かな明日を誰が保証してくれますか。それはあなたの健康です。
病院・医療
  • 内科
エリア
大阪府茨木市
最寄り駅
阪急 茨木市駅 から徒歩5分
JR 茨木駅  から車で7分
お気に入りに追加
お気に入りを解除
 院長 紹介
【所属学会・認定医】

日本循環器学会循環器専門医
日本内科学会認定内科医
産業医
診療科目
内科
循環器内科
婦人科
放射線科
つづきを見る
メッセージ
内科
【風邪】
風邪は、鼻からのどまでの上気道を中心とする部分に、ウイルスや細菌が感染して急激に起こる炎症です。
実際に風邪をひくと、気管や気管支などの下気道にも炎症が広がっていく場合も少なくありません。原因になる病原体はたくさんありますが、その80~90%はウイルスで200種以上にのぼります。
疲労やストレス、睡眠不足、栄養バランスの偏り、寒さ、乾燥などの要因が重なると発症しやすくなることが知られています。

【インフルエンザ】
・ウイルスが病原で起こる疾患です。A型、B型、C型の3種類があります。潜伏期は1~3日くらいで、患者が咳をしたりするとウイルスが空中を浮遊し、それを人が吸い込むことで感染します。

インフルエンザワクチンの予防接種である程度は防げますが、その年によって流行する菌の型が違うため万能ではありません。体の弱い人は、流行している時に人混みに出るのを控えた方がよいでしょう。


【高脂血症】
高脂血症とは、血液中にコレステロールや中性脂肪などの脂質が異常に増加した状態をいいます。
長く続くと動脈硬化が生じ、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症などの病気を起こします。


【循環器内科】
高血圧症は、原因となる病気が特定できない本能性高血圧症と、腎臓病、内分泌異常、血管異常など、原因となる病気が明らかな二次性高血圧症に分けられ、本態性高血圧症が大部分を占めます。ここでは、本態性高血圧について説明します。

血圧とは、心臓から送り出された血液が血管壁に対して示す圧力のことです。血液は心臓が収縮した時に送り出され、拡張時に心臓に戻ります。心臓が収縮した時の血圧を収縮期血圧(または最高血圧)、心臓が拡張した時の血圧を拡張期血圧(または最低血圧)といいます。

長期の高血圧によって、動脈硬化を引き起こす可能性が高くなります。また動脈硬化が進行すると、眼底出血による視力障害、脳血栓による手足のしびれ、冠動脈硬化による胸痛、不整脈、腎硬化症などが二次的に起こります。


【不整脈】
不整脈とは、心臓の収縮のリズムが乱れ早くなったり遅くなったりする、間隔が乱れた状態です。体調などの状態などで起こる心配のないものが少なくありませんが、心臓病から起こる場合もあるので注意が必要です。正常な脈拍を毎分60~100と決め、これから外れるものを不整脈と呼びます。

不整脈には、いくつかパターンがあります。大別すると脈が増える頻脈型と脈が少なくなる徐脈です。健康者でも、寝不足やタバコの吸いすぎなどで起こります。

【婦人科】
子宮がん検診のみ可能です。

【 放射線科】
4列マルチスライスCTで、脳や肺、腹部の検査が可能です。

スポット基本情報

スポット名 医療法人 崇孝会 北摂クリニック
TEL 072-633-3313
FAX 072-635-5773
住所 〒567-0826
大阪府茨木市大池 1-10-37
営業日
09:00~12:00 ×
18:00~20:00 × × × ×
診療時間:
09:00~12:00
18:00~20:00
休診日:
日曜日・祝祭日
HP http://sukokai.or.jp/index.html
駐車場 有り 10台
備考 内科
【風邪】
風邪は、鼻からのどまでの上気道を中心とする部分に、ウイルスや細菌が感染して急激に起こる炎症です。
実際に風邪をひくと、気管や気管支などの下気道にも炎症が広がっていく場合も少なくありません。原因になる病原体はたくさんありますが、その80~90%はウイルスで200種以上にのぼります。
疲労やストレス、睡眠不足、栄養バランスの偏り、寒さ、乾燥などの要因が重なると発症しやすくなることが知られています。

【インフルエンザ】
・ウイルスが病原で起こる疾患です。A型、B型、C型の3種類があります。潜伏期は1~3日くらいで、患者が咳をしたりするとウイルスが空中を浮遊し、それを人が吸い込むことで感染します。

インフルエンザワクチンの予防接種である程度は防げますが、その年によって流行する菌の型が違うため万能ではありません。体の弱い人は、流行している時に人混みに出るのを控えた方がよいでしょう。


【高脂血症】
高脂血症とは、血液中にコレステロールや中性脂肪などの脂質が異常に増加した状態をいいます。
長く続くと動脈硬化が生じ、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症などの病気を起こします。


【循環器内科】
高血圧症は、原因となる病気が特定できない本能性高血圧症と、腎臓病、内分泌異常、血管異常など、原因となる病気が明らかな二次性高血圧症に分けられ、本態性高血圧症が大部分を占めます。ここでは、本態性高血圧について説明します。

血圧とは、心臓から送り出された血液が血管壁に対して示す圧力のことです。血液は心臓が収縮した時に送り出され、拡張時に心臓に戻ります。心臓が収縮した時の血圧を収縮期血圧(または最高血圧)、心臓が拡張した時の血圧を拡張期血圧(または最低血圧)といいます。

長期の高血圧によって、動脈硬化を引き起こす可能性が高くなります。また動脈硬化が進行すると、眼底出血による視力障害、脳血栓による手足のしびれ、冠動脈硬化による胸痛、不整脈、腎硬化症などが二次的に起こります。


【不整脈】
不整脈とは、心臓の収縮のリズムが乱れ早くなったり遅くなったりする、間隔が乱れた状態です。体調などの状態などで起こる心配のないものが少なくありませんが、心臓病から起こる場合もあるので注意が必要です。正常な脈拍を毎分60~100と決め、これから外れるものを不整脈と呼びます。

不整脈には、いくつかパターンがあります。大別すると脈が増える頻脈型と脈が少なくなる徐脈です。健康者でも、寝不足やタバコの吸いすぎなどで起こります。

【婦人科】
子宮がん検診のみ可能です。

【 放射線科】
4列マルチスライスCTで、脳や肺、腹部の検査が可能です。
PAGE TOP