コバヤシサンフジンカ

小林産婦人科

女性特有の悩みや治療をサポートします。お気軽にご相談下さい。
病院・医療
  • 産婦人科
エリア
大阪府大阪市都島区
最寄り駅
都島駅 5番口徒歩3分
お気に入りに追加
お気に入りを解除
症状
●生理以外に出血がある場合
=多くは卵巣機能が低下したために起こることが多いですが、膣炎や性病、ポリープ、子宮ガンなどの心配もあります。
●生理痛がひどくなってきた
=子宮内膜症や子宮筋腫などの心配があります。
●生理の量がおかしい
=卵巣機能が低下していたり、子宮筋腫や子宮内膜症などの心配もあります。
メッセージ
産科
【妊婦健診】
 ご家族のみなさんも一緒に胎児の成長をご覧いただけます。お子様連れでもお気軽にお越しください。
医師の検診以外にも、着帯指導、乳房のお手入れ、栄養指導、生活指導、逆子体操など、適宜助産師がお世話させていただいておりますので、何かございましたらお気軽にご相談ください。
【分娩】
分娩の様子も1人1人異なります。
臨機応変に対応して、安全な分娩を心掛けております。
ご希望の方は、ご家族も一緒に泊まっていただけます(個室のみ)。
詳しくは医師にご相談ください。
分娩費用:正常分娩時/約38万円
個室料金:1泊/8,000円
PS.当院でご出産された方には、お祝い膳をお出ししています。
【産後ケア】
<新生児検診>
退院後の新生児の健康診査を行います。
<おっぱいチェック>
当院では母乳哺育をおすすめしています。
母乳哺育で赤ちゃんに必要な栄養をあげながら、赤ちゃんとの親子の絆を深めましょう。赤ちゃんにおっぱいをたくさん上げられるよに、助産師が産前産後の乳房の手入れ、マッサージ、母乳相談を行っています。

婦人科
【癌検診】
癌は恐ろしい病気ですが、早期に発見できれば簡単な治療で完全に治すことができます。
日頃から検診を受けていただき、「おかしいな」と思ったら早期に検査を受けていただくことが大切です。
【子宮頸部癌検診】
子宮検診には、子宮頸部癌と子宮体部癌の検診があります。
大阪市在住の方は、大阪市から補助が出ます(2年に1回)。
20歳以上の方 ¥400
【乳癌検診】
触診および超音波断層検査により乳腺の状態を検査します。
乳癌の発症頻度は近年多くなっています。
特に、避妊用ピルあるいはホルモン補充療法を受けている方は、検診を受けるようにしてください。
大阪市在住の方は、大阪市より補助が出ます。
30歳以上の方 ¥1,000

もっと詳しい情報をお知りになりたい方は、当ホームページをご覧下さい。

スポット基本情報

スポット名 小林産婦人科
TEL 06-6924-0934
FAX 06-6924-0944
住所 〒534-0014
大阪府大阪市都島区都島北通 1-14-24
営業日
診察時間:
am9:00~pm1:30
pm5:00~pm7:00
休診日:
木曜PM、土曜PM
日祝
駐車場 なし
備考 産科
【妊婦健診】
 ご家族のみなさんも一緒に胎児の成長をご覧いただけます。お子様連れでもお気軽にお越しください。
医師の検診以外にも、着帯指導、乳房のお手入れ、栄養指導、生活指導、逆子体操など、適宜助産師がお世話させていただいておりますので、何かございましたらお気軽にご相談ください。
【分娩】
分娩の様子も1人1人異なります。
臨機応変に対応して、安全な分娩を心掛けております。
ご希望の方は、ご家族も一緒に泊まっていただけます(個室のみ)。
詳しくは医師にご相談ください。
分娩費用:正常分娩時/約38万円
個室料金:1泊/8,000円
PS.当院でご出産された方には、お祝い膳をお出ししています。
【産後ケア】
<新生児検診>
退院後の新生児の健康診査を行います。
<おっぱいチェック>
当院では母乳哺育をおすすめしています。
母乳哺育で赤ちゃんに必要な栄養をあげながら、赤ちゃんとの親子の絆を深めましょう。赤ちゃんにおっぱいをたくさん上げられるよに、助産師が産前産後の乳房の手入れ、マッサージ、母乳相談を行っています。

婦人科
【癌検診】
癌は恐ろしい病気ですが、早期に発見できれば簡単な治療で完全に治すことができます。
日頃から検診を受けていただき、「おかしいな」と思ったら早期に検査を受けていただくことが大切です。
【子宮頸部癌検診】
子宮検診には、子宮頸部癌と子宮体部癌の検診があります。
大阪市在住の方は、大阪市から補助が出ます(2年に1回)。
20歳以上の方 ¥400
【乳癌検診】
触診および超音波断層検査により乳腺の状態を検査します。
乳癌の発症頻度は近年多くなっています。
特に、避妊用ピルあるいはホルモン補充療法を受けている方は、検診を受けるようにしてください。
大阪市在住の方は、大阪市より補助が出ます。
30歳以上の方 ¥1,000

もっと詳しい情報をお知りになりたい方は、当ホームページをご覧下さい。【院長紹介】
院長:小林史典
[産婦人科医、母体保護指定医、産婦人科専門医]
ご自分の病状を理解していただき、ゆったりとした空間の中で、
納得のいく治療を受けていただけるよう説明させていただきます。

1981年浜松医科大学医学部卒業
京都大学医学部産婦人科教室入局
京大病院研修医、県立尼崎病院医員、神戸中央市民病院産婦人科副医長、京大病院助手、県立尼崎病院産婦人科医長を務める

2000年より現職

京都大学医学博士
京都大学医学部非常勤講師
PAGE TOP