ヨコハマフジミガオカガクエン チュウトウキョウイクガッコウ

横浜富士見丘学園 中等教育学校

校訓 「敬愛」「誠実」「自主」「未来を幸せに生き抜く女性を育てる」女子教育の意義と責任
学校・教育
  • 私立中学校
  • 中学校
エリア
神奈川県横浜市旭区
最寄り駅
相模鉄道本線・いずみ野線 二俣川駅 北口から徒歩12分
横浜富士見丘学園 中等教育学校に行く前にチェック!
お気に入りに追加
お気に入りを解除
学校長からのメッセージ
現在、私たちは、学ぶことや働くことは女性も男性も平等な権利であることを当たり前に知っていますが、創立当時は男性中心の社会で、‘女性は勉強より家事と子育て’と言われた時代です。
しかし、「女性活躍推進法」が成立し、各分野で指導的地位の女性の占める割合についての数値目標が設定されるなど、女性の社会進出をさらに推進するように日本社会全体が動いています。

澁谷近蔵先生は90年以上も前に、「やがて国が豊かになり、皆が幸せになるためには、女性が社会に出ることがきっと求められる時代が来る」と考え、女性の活躍を望んでいました。
そして、女性が社会に出て活躍するためには高い教養が必要であると考え、学校を創立したのです。
富士見丘学園は、‘勉強をしたいと思う子どもたちのための学校’なのです。

さらに、社会に出るために必要なことの一つは、人間性を磨くことです。
本学園の建学の精神「奉仕の心」、校訓「敬愛・誠実・自主」はそれを示しています。
「敬愛」とは他者への愛・優しさを示し、「誠実」とは嘘・偽りのない心、そして自己への愛・優しさを示した言葉です。校訓のすべてに流れているのが、‘心・愛・優しさ’なのです。平和で、豊かで楽しい社会、争いのない社会を築いて欲しいと願っています。

富士見丘学園は、皆さんが社会で活躍するために、優しさに包み込みながら、皆さんの学習と人間形成を培います。
皆さんは、富士見丘学園で、多くの‘新しい出会い’を体験することでしょう。
一生の友となる多くの友達との出会い、皆さんを支えてくれる先生方との出会い、クラブ活動や生徒会活動との出会いもあります。そして新しい知識、新しい学問にも出会います。これら多くの出会いを通じて、やがて‘新しい自分’に出会い、新しい自分へと成長するでしょう。そして、新しい自分を好きになり、夢を描き、進路を決めることになります。

富士見丘学園は、そんな出会いの場なのです。ぜひ多くの良い出会いをしてください。

学校長 澁谷 一郎
「未来を幸せに生き抜く女性を育てる」女子教育の意義と責任
日本社会のなかでの女性をとりまく環境は、大きく変化しようとしています。
家庭経営を女性の主な役割とするこれまでの在り方は、急激な少子化の進行で変化が余儀なくされはじめており、
男性と同様に社会の直接の担い手としての役割が、ほとんどの女性に求められようとしています。
実際に、扶養家族手当ての支給の見直しや税金の控除の廃止が取り沙汰されており、一方、これまでの女性の重い負担を軽減する子育ての支援も始まっています。社会の目指す方向は、女性の社会参画を明確に求めるものとなっています。

そうした変化を予見し、6年間の中等教育のなかで、教科の学習に止まらず、課題解決学習、探究型学習に取り組み、
自らの生き方を適切に選択することのできる力を育むとともに、生き甲斐と自信をもって活躍することができる多様な社会的スキルを獲得させ、生徒一人ひとりが幸せな未来を生き抜く―これが本校の教育のテーマです。
未来を幸せに生き抜く女性を育てる
高いステージでの女性の社会参画を求める声は、単なる理念を超え、実際の必要性として一段と大きくなってきています。
これまでの母親をロールモデルとする考えは、生徒たちの未来を狭めてしまうかもしれません。
横浜富士見丘学園では、課題解決・探究型学習を通し、社会の現実を考え、世界を知り、問題解決に意欲を持って取り組む女性、そして、多様で高い社会的スキルを獲得し、未来を幸せに生き抜く女性を育てます。

+++―――――――――――――+++
<< 定義「未来力とは」 >>
+++―――――――――――――+++
■1. 私立学校としての高い目標を掲げた、ハイ=スキルなキャリア教育です。
■2. 女子教育として女性の生き方を支えるキャリア教育です。
■3. 6年制の中等教育学校ならではの主体性を育み、自立を促すキャリア教育です。

**・‥…―━━━―…‥・*・‥…―━━━―…‥・**
● 生涯を通じて活用可能な社会的スキルの獲得
――――――――――――――――――――
(1)問題解決・探求型学習
(2)論文作成
(3)生涯を通じて活用可能な社会的スキル
(4)希望進路の実現のために
(5)充実した大学での学びのために
(6)生涯学習社会での自立した生き方
**・‥…―━━━―…‥・*・‥…―━━━―…‥・**

● 学習・進学カウンセラー(専門職)による進学学習
多年にわたる私学教育現場での進路指導(キャリア教育)の経験を持つ学習 ・進学カウンセラーを専門職として学習・進学カウンセリング室に常駐(週3回)させ、生徒へのカウンセリングと進学指導全般への業務を行う体制を整えています
英語教育・強化教育
【英語教育】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪ セブ島英語研修 ≫
――――――――――――――――――――――――――――
マンツーマンによる英語学習をセブ島で開始しました。英語は、フィリピンの公用語ですが、自らも小中高で学んだ経験を持つ先生方の教え方は、英語を母国語とする欧米人に比べ分かりやすく親しみやすいものでした。一人ひとりの生徒が学ぶ主体となる英語学習は、生徒のやる気を引き出し、生徒の意識を一変させ、高い満足感に繋がっています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪ オーストラリア研修 ≫
――――――――――――――――――――――――――――
■ オーストラリア研修10日間
ファームステイ、大学生との交流プログラムなど、一人ひとりの生徒が自ら主役として海外での生活を体験する本校独自の海外研修を目指しています。
日本との緊密な関係を学ぶとともに、オーストラリアの歴史や文化を学び、他国を尊重する態度の育成の機会としても大切と考えています。併せて、豊かで雄大な自然との出会いも、生徒の将来の選択の一助となると考えます。

■ オーストラリア短期留学(4年生の希望者・7月~9月)
オーストラリア海外研修に続く短期留学は、英語力の獲得よりも生徒の自立がテーマです。
現地の教育省や学校との緊密な連携のなかで、生徒の判断力・自己主張・自己責任の力を養い、自らに対する自信が将来への夢を育むことを確信しています。

【 教育課程 】
~難関大学進学を見据えたカリキュラム~
学校6日制と中等教育学校の利点を生かした先取り学習を徹底し、5年次での学習領域の修了を企図したカリキュラムです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪ 文系・理系別クラス編成(3rdステージ) ≫
――――――――――――――――――――――――――――
生徒の受験学力の伸長を考え、4年次に卒業要件となる必履修課目を集中的に学習し、5年次からは大学志望と適性に合わせた文系・理系別クラス編成を実施しています。共通科目の他、受験に必要とされる科目に個々に対応できるように柔軟な選択科目が設定されています。大学教育では新たな学問や融合的な分野も登場していることから、文理の共通科目以外は、個々の生徒の目標に合わせて自分で選ぶ時間割が有効です。

横浜富士見丘学園 中等教育学校の基本情報

スポット名 横浜富士見丘学園 中等教育学校
TEL 045-367-4380
FAX 045-367-4381
住所 〒241-0814
神奈川県横浜市旭区中沢 1丁目24番1号
営業日
開校時間:
お問い合わせ下さい。
休校日:
お問い合わせ下さい。
HP http://www.fujimigaoka.ed.jp/
駐車場 なし
PAGE TOP