タケヤセキザイ

竹谷石材

ショッピング
  • 石材
エリア
北海道室蘭市
最寄り駅
JR室蘭本線 東室蘭駅 から車で10分
竹谷石材に行く前にチェック!
お気に入りに追加
お気に入りを解除
メッセージ
眼をひらく 開眼供養のこころ

新しくお墓を建てたり、建て直したりした時には必ず開眼式を行います。
この法要を営むことによって墓石に入魂され、私たちが礼拝するのにふさわしい
尊さが備わるとされています。
入魂式・入仏式・お霊入れ・性根直し・御移し・開眼供養など宗派や
土地柄によってさまざまに呼ばれ、法要の営み方にも違いがあるようです。
お墓を建て開眼供養を営むのは、単なるしきたりというばかりではありません。
大切なこの生命を、幾代にもわたって受け継ぎ伝えてくれた、
ご先祖様や故人に感謝し、
供養をささげつつ、むしろ私たち自身が開眼していくことが眼目といえましょう。
開眼-、眼をひらくと書いて開眼と読みます。入魂された墓石に私たちが心をこめて
ぬかづく時、はじめて供養の本来の容儀がととのえられ、ゆるぎのない人生を
まっとうするための「目」が開かれるのではないでしょうか。

お墓はいつ建てるべきか

お墓を建てる時期に一定のきまりはありませんが、開眼供養を営む必要を考えれば
法事にあわせて建てるのがよいでしょう。
新仏のあるお宅では、49日、100日、一周忌等に建てることが多いようです。

墓地のない場合は

寺院墓地を購入する時はご自分の家の宗派を確認して選びます。
最近、寺院によっては宗派を問わず受付けるところもあります。
公営や民営の霊園の場合、管理や施設の状況と、申し込んでから購入できるまでの時期などをよく確かめ、経営内容もしっかりとしているところを選びましょう。

お墓はどのくらいの期間で完成するか

お墓を建てるにあたって要する日数は、石材の加工から始めて、基礎工事から
据付までおよそ約1ヵ月はかかります。
予定をよく考えて早めに発注しましょう。

適当な墓地の広さとは

一般的には都市部で1区画4平方メートル、地方で6平方メートルくらいの墓地が
多いようです。建てるお墓の形式や予算に応じて広さを決めましょう。

お墓を建て直すときは

お墓を新しく建て直すときは、古い墓石のお魂ぬきの法要を行います。
そして新しい墓石を据付けて開眼法要を行いお魂入れをします。

お墓を移転するときは

お墓を別の場所に移転し移骨することを「改葬」といいます。
改葬する際には書類上の手続きを必要とします。
まず①埋葬証明書を旧墓地の管理者に発行してもらいます。
②受入れ証明書を移転先の墓地管理者に発行してもらいます。
③それらを旧墓地のある市町村の戸籍課、あるいは市民課などに提出し、
改葬許可証の交付を受け移転します。移転したら、開眼供養を営みますが、
改葬時には今までの墓石をそのまま移すにしろ、改葬を機会に新しいものにかえ
古い墓石を無縁仏として処分するにしろ、ご僧侶にお願いしてお魂ぬきの供養をします。

生前に自分のお墓をつくったら

生前建てるお墓のことを「寿陵」といいます。家に幸せをもたらし、長命を約束されると
されています。その名称からもわかるようにおめでたいこととされていますので、寿陵の開眼供養の場合にはお祝いごとに準じた服装をし、ご僧侶へのお布施も紅白の
のし袋を使用します。墓石に仏名または俗名を刻んでおく場合、
文字に朱を入れておきます。

墓地を購入したり、お墓を建てたりすることは一生のうちでそう度々あることでは
ありません。私たちにとってなじみがうすく、とまどいがちなのも当然のことです。
だからこそ、信頼のおける石材店を選ぶことが大切です。
当店では長年の経験と信頼にもとづき良心的な施工と建墓のお手伝いを
お約束いたします。

こんな石材店にはご用心!
・ 泣き落しをする
・ 価格の説明だけで品質の説明がない
・ 他社の悪口を言う
・ 大幅な値引きをする
・ 他店の見積り金額によって提示する価格を変える
・ 値引き以外のセールスポイントがない
・ 墓石が驚くほど安い
・ 自店で取り扱っている石材の名前や産地を答えられない

信頼できる石材店のチェックポイント!
・ 仕事に詳しい
・ お墓の法律に詳しい
・ お墓のしきたりに詳しい
・ クレームにきちんと対応する
・ 十分な経験がある
・ 十分な知識がある
・ 石の性質を説明できる
・ お客様の話にきちんと耳を傾ける
・ 自社や工事現場への訪問を歓迎する
・ 社員が仕事に「誇り」を持っている
・ 見積書を出せる
・ 提案力がある
・ 納骨などのアフターフォローをしている
・ 材質や施工方法にこだわりがある
・ 設計力がある
・ 仏事全般にわたる知識がある
・ 事務所・展示場・工場がある
・ 熱意がある
・ 契約書がある
・ 納期を守れる

竹谷石材の基本情報

スポット名 竹谷石材
TEL 0143-55-4175
FAX 0143-55-7447
住所 〒050-0053
北海道室蘭市神代町 30番地9
営業日
営業時間:
定休日
備考 眼をひらく 開眼供養のこころ

新しくお墓を建てたり、建て直したりした時には必ず開眼式を行います。
この法要を営むことによって墓石に入魂され、私たちが礼拝するのにふさわしい
尊さが備わるとされています。
入魂式・入仏式・お霊入れ・性根直し・御移し・開眼供養など宗派や
土地柄によってさまざまに呼ばれ、法要の営み方にも違いがあるようです。
お墓を建て開眼供養を営むのは、単なるしきたりというばかりではありません。
大切なこの生命を、幾代にもわたって受け継ぎ伝えてくれた、
ご先祖様や故人に感謝し、
供養をささげつつ、むしろ私たち自身が開眼していくことが眼目といえましょう。
開眼-、眼をひらくと書いて開眼と読みます。入魂された墓石に私たちが心をこめて
ぬかづく時、はじめて供養の本来の容儀がととのえられ、ゆるぎのない人生を
まっとうするための「目」が開かれるのではないでしょうか。

お墓はいつ建てるべきか

お墓を建てる時期に一定のきまりはありませんが、開眼供養を営む必要を考えれば
法事にあわせて建てるのがよいでしょう。
新仏のあるお宅では、49日、100日、一周忌等に建てることが多いようです。

墓地のない場合は

寺院墓地を購入する時はご自分の家の宗派を確認して選びます。
最近、寺院によっては宗派を問わず受付けるところもあります。
公営や民営の霊園の場合、管理や施設の状況と、申し込んでから購入できるまでの時期などをよく確かめ、経営内容もしっかりとしているところを選びましょう。

お墓はどのくらいの期間で完成するか

お墓を建てるにあたって要する日数は、石材の加工から始めて、基礎工事から
据付までおよそ約1ヵ月はかかります。
予定をよく考えて早めに発注しましょう。

適当な墓地の広さとは

一般的には都市部で1区画4平方メートル、地方で6平方メートルくらいの墓地が
多いようです。建てるお墓の形式や予算に応じて広さを決めましょう。

お墓を建て直すときは

お墓を新しく建て直すときは、古い墓石のお魂ぬきの法要を行います。
そして新しい墓石を据付けて開眼法要を行いお魂入れをします。

お墓を移転するときは

お墓を別の場所に移転し移骨することを「改葬」といいます。
改葬する際には書類上の手続きを必要とします。
まず①埋葬証明書を旧墓地の管理者に発行してもらいます。
②受入れ証明書を移転先の墓地管理者に発行してもらいます。
③それらを旧墓地のある市町村の戸籍課、あるいは市民課などに提出し、
改葬許可証の交付を受け移転します。移転したら、開眼供養を営みますが、
改葬時には今までの墓石をそのまま移すにしろ、改葬を機会に新しいものにかえ
古い墓石を無縁仏として処分するにしろ、ご僧侶にお願いしてお魂ぬきの供養をします。

生前に自分のお墓をつくったら

生前建てるお墓のことを「寿陵」といいます。家に幸せをもたらし、長命を約束されると
されています。その名称からもわかるようにおめでたいこととされていますので、寿陵の開眼供養の場合にはお祝いごとに準じた服装をし、ご僧侶へのお布施も紅白の
のし袋を使用します。墓石に仏名または俗名を刻んでおく場合、
文字に朱を入れておきます。

墓地を購入したり、お墓を建てたりすることは一生のうちでそう度々あることでは
ありません。私たちにとってなじみがうすく、とまどいがちなのも当然のことです。
だからこそ、信頼のおける石材店を選ぶことが大切です。
当店では長年の経験と信頼にもとづき良心的な施工と建墓のお手伝いを
お約束いたします。

こんな石材店にはご用心!
・ 泣き落しをする
・ 価格の説明だけで品質の説明がない
・ 他社の悪口を言う
・ 大幅な値引きをする
・ 他店の見積り金額によって提示する価格を変える
・ 値引き以外のセールスポイントがない
・ 墓石が驚くほど安い
・ 自店で取り扱っている石材の名前や産地を答えられない

信頼できる石材店のチェックポイント!
・ 仕事に詳しい
・ お墓の法律に詳しい
・ お墓のしきたりに詳しい
・ クレームにきちんと対応する
・ 十分な経験がある
・ 十分な知識がある
・ 石の性質を説明できる
・ お客様の話にきちんと耳を傾ける
・ 自社や工事現場への訪問を歓迎する
・ 社員が仕事に「誇り」を持っている
・ 見積書を出せる
・ 提案力がある
・ 納骨などのアフターフォローをしている
・ 材質や施工方法にこだわりがある
・ 設計力がある
・ 仏事全般にわたる知識がある
・ 事務所・展示場・工場がある
・ 熱意がある
・ 契約書がある
・ 納期を守れる
PAGE TOP