ホウコウジ

方広寺

豊臣秀吉が建立し豊臣家が滅びるきっかけになった鐘が残る
寺院
  • 仏教寺院
エリア
京都府京都市東山区
お気に入りに追加
お気に入りを解除
概要
慶長19年(1614年)7月26日、徳川家康(73歳)が、豊臣家が再建した方広寺の鐘に刻まれた文字が家康を呪っているものだとして、落慶供養を延期するように命じた事件です。これは、豊臣家を滅ぼす口実を設けるための言いがかりであり、大坂の陣の直接の引き金の事件となりました。この策を提案したのは側近の金地院崇伝(こんちいんすうでん:46歳)であると言われています。
メッセージ
【沿革】
方広寺は天台宗山門派の寺で、豊臣秀吉により1586年に建立されまた。大日如来、大黒天を祀る。奈良・東大寺に倣った大仏殿の造営が1595年に完成したといわれています。東大寺の大仏より大きい18mの大きさであったという。また釘などは刀狩で没収した武器の再利用されたものも使われました。しかし1596年に地震により倒壊してしましました。その後、豊臣秀頼により再建されたが、1798年に落雷による火災で焼失した後は、同様の規模のものは再建されなかった。
豊臣氏当時ものとしては、『方広寺鐘銘事件』でも有名な梵鐘が残っています。この鐘は、重要文化財に指定されており東大寺、知恩院のものと合わせ日本三大名鐘のひとつとされています。
方広寺の大仏殿は、2000年の発掘調査により東西約55m南北約90mの規模であったことが判明している。現在その場所は公園となっています。

スポット基本情報

スポット名 方広寺
TEL 075-561-7676
FAX 075-561-1720
住所 〒605-0931
京都府京都市東山区正面通大和大路東入ル茶屋町
営業日
拝観時間:
本堂(200円)鐘楼内見学(志納) 9:00~16:00
不定休:
法要等で本堂拝観及びその他受付を休止させていただく場合がございます
駐車場 あり
備考 【沿革】
方広寺は天台宗山門派の寺で、豊臣秀吉により1586年に建立されまた。大日如来、大黒天を祀る。奈良・東大寺に倣った大仏殿の造営が1595年に完成したといわれています。東大寺の大仏より大きい18mの大きさであったという。また釘などは刀狩で没収した武器の再利用されたものも使われました。しかし1596年に地震により倒壊してしましました。その後、豊臣秀頼により再建されたが、1798年に落雷による火災で焼失した後は、同様の規模のものは再建されなかった。
豊臣氏当時ものとしては、『方広寺鐘銘事件』でも有名な梵鐘が残っています。この鐘は、重要文化財に指定されており東大寺、知恩院のものと合わせ日本三大名鐘のひとつとされています。
方広寺の大仏殿は、2000年の発掘調査により東西約55m南北約90mの規模であったことが判明している。現在その場所は公園となっています。
PAGE TOP