ガッコウホウジンミショウガクエンツルマヨウチエン

学校法人実生学園 つるま幼稚園

輝く心と情熱。子どもの成長を育む「育みの園つるま」
学校・教育
  • 幼稚園
エリア
神奈川県大和市
最寄り駅
小田急電鉄江ノ島線 鶴間駅 西口より徒歩7分
お気に入りに追加
お気に入りを解除
メッセージ
 当園は幼児教育(心を育てる教育)の実戦から子どもの潜在能力を大切に導き出し子どもが子ども本来の活動である「遊び」を通していろいろな学習を積み重ねられるよう配慮していきます。感性豊かな子どもの可能性は無限です。その能力は柔軟であり、強い吸収力を持っています。この様な子どもの特性を大切にし、心が弾み、笑顔がいっぱいあふれ夢が大きく膨らむ幼稚園生活を目指します。良き思い出作りには光り輝くときめきが必要です。そのときめきを持ったつるま幼稚園と共に大切なお子様の幼稚園教育をスタートしましょう。

                           園長 山口 繁美



〖大切にしていること〗
幼児教育を行う上で大事なことは次の三つです。

“人と人の和の大切さ”

 多くの人との関わりの積み重ねから、自分の世界が段々と広がり、友だち作りの芽もぐんぐん伸びてくると、子どもの目は地域(近所の子、知り合いの大人、友だちのお母さん等)へ広がってゆきます。子どもの成長の過程でもう一つ必要なこと、それは子どもを取り巻く大人の『人と人の和』です。幼稚園でできた子どもの友だちの関わりをより強く、より広げるためにはお母さん同士の友達、知り合いとしての和(輪)が大きな力になります。また、子どもは大人の行動を手本に成長してゆきますから、友だち作りの手本を見せてあげる必要もあります。『和(輪)』ができることで安心と信頼が必ず深まります。

“豊かな心の大切さ”

 子どもを見る時、個の特性と他の子どもとの関わりを通してみた特性の二つの面から子どもを理解する必要があります。その上にたって豊な人間関係を土台とした人格形成を目指す必要があります。豊な人間関係は子どもと同士の関係を積み上げていって始めて築けることなのです。一人一人の子どもはみな「思い」を持っています。自分の思いと他の子の思いが食い違うとケンカとなります。そのことで自分とは違う思いを持った子がいることを知り、心を広げます。多くの関わりがより心を広げ、さらに豊にします。幼稚園はその関わりを広げるため、『あそび』を最優先に考えなければなりません。

“友だちの大切さ”

 子どもが育つ社会環境の中でまず必要なものは『友だち』です。『友だち』との関わりは子どもが成長する過程で計り知れない数々の事柄を学習させてくれます。子どもは一緒にいるだけでは友だちになれません。次の四つのことが必要になります。それらを習得する場が幼稚園です。
入園式 4月
待っていた日、今日から幼稚園の生活が始まります
春の運動会 5月
入園した子ども達にとってみんなで一緒にやる集団の行動、お母さんのゲームも楽しいです
春の遠足 6月
みんなで力を合わせて地引網(江ノ島・西浜)を引きます。収穫はどうかな?
大山合宿(年長) 7月
年長児がお家を離れ、先生と友達とでお泊り保育をします(伊勢原市大山)
夕涼み会 8月
先生の夜店でおもちゃを交換、お父さんのやる花火もあってちょっと不思議な幼稚園
秋の運動会 10月
出るものたくさん、運動会は楽しいです
お店屋さんごっこ 11月
自分達で作った品物で年長がお店屋さんになり、年中年少がお客さん
にじの会 12月
一人一人の力(色)が集まって虹(歌や劇)になります
なわとび大会  2月:ロケット会  2月:卒業遠足  3月:◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆:~公式ホームページのご案内~■
年長・がんばる心の結実です
保護者と一緒にコーナー遊びを楽しみます
年長・横浜大桟橋で外航客船を見送ります

< 公式ホームページ >
こちらから

*平成30年度入園情報

スポット基本情報

スポット名 学校法人実生学園 つるま幼稚園
TEL 046-261-0651
FAX 046-264-8245
住所 〒242-0009
神奈川県大和市西鶴間 3-7-19
営業日
営業時間:
9:00~17:00
休園日:
年中無休
HP http://www.tsuruma.ed.jp
備考 ※つるま幼稚園は平成27年度より実施された『子ども・子育て支援新制度』に入り施設型給付の私立幼稚園となります。

※預かり保育は保育終了後、18時までです。
PAGE TOP