オガワジビインコウカイイン

おがわ耳鼻咽喉科医院

滋賀県草津市追分にある耳鼻咽喉科。おがわ耳鼻咽喉科医院です。
病院・医療
  • 耳鼻いんこう科
  • 医院
エリア
滋賀県草津市
最寄り駅
JR東海道本線(琵琶湖線)・草津線 草津駅 からバスで6分
おがわ耳鼻咽喉科医院に行く前にチェック!
お気に入りに追加
お気に入りを解除
院長ごあいさつ
私は兵庫県の相生市という瀬戸内海に面した自然豊かな地域で生まれ育ちました。
滋賀医科大学への進学を機会に滋賀で生活するようになりました。
大学卒業後は、滋賀医科大学耳鼻咽喉科で勤務し、医員、助教を経て、退職前は講師として医局を支えてきました。大学病院という性質上、重症の病気の診療を多く経験し、専門外来として、嗅覚・味覚障害、頭頸部腫瘍の診療に従事してきました。こうした経験を医院でも役立て、開業医としても最新医学に目を向けた医療ができるよう自己研鑽していきたいと思っています。

嗅覚・味覚障害は人生を楽しむために非常に大切ですが、原因によっては回復まで長期間かかる場合があります。諦めずに根気よく治療を行っていきます。頭頸部腫瘍は、早期に治療できれば、後遺症が少なく短期間の治療で根治できる可能性が高いです。不安がありましたら、気軽に相談してください。

また、補聴器診療にも力を入れています。高価な補聴器を購入したけれど、結局使っていないという方がおられます。耳の聞こえを維持することは、認知予防にも大切です。当院では、補聴器適合検査を行いながら、補聴器のフィッティングを行います。

お子さんからお年寄りまで、みみ・はな・のどでお困りのことがありましたら、気軽にご来院ください。
当院の特徴
 《 1 》 補聴器で聞こえを取り戻します。
―――――――――――――――――――――――――
当クリニックは、厚生労働省の定める補聴器適合検査の実施施設です。補聴器外来では、認定補聴器技能者が立ち会います。「補聴器装用を考えている。」「今使ってる補聴器が合わない」など耳の聞こえで困っている方はご相談ください。問診、耳の診察、聴力検査を行った後、補聴器装用の必要度を説明いたします。
希望がありましたら、補聴器に関する詳細な検査を行いながら1~3ヶ月かけて補聴器の選択・調整を行っていきます。


 《 2 》 嗅覚を取り戻します。
―――――――――――――――――――――――――
私はこれまで長年、嗅覚味覚障害診療に従事してきました。生命と関わらないため軽視されがちですが、嗅覚を失った患者さんの絶望感は非常に大きいです。
問診、診察、内視鏡検査を行い、原因を調べます。また、基準嗅力検査で嗅覚がどの程度残っているか評価します。原因によっては、治りにくい場合がありますが、根気よく治療を行っていきます。
これまでの経験を活かした病状説明と、最新の知見を取り入れた治療方法を行います。


 《 3 》 頭位性めまいをめまい体操で治します。
―――――――――――――――――――――――――
めまいは、耳の三半規管異常によって起こることが多いです。そのなかでも最も頻度が高い良性発作性頭位めまい症に対して、めまい体操を行い治療します。
めまいの原因には、他にも、疲れ、血圧調節異常、筋力低下、甲状腺機能異常、脳血管の異常によって起こることもあります。脳血管異常によるめまいの可能性がある場合は、近隣病院でMRI検査を行っていただくことがあります。
めまいの診断には、眼振という微細な眼球運動の観察が非常に大切です。当院では、詳細な眼振観察を行うため、赤外線CCDカメラを導入しています。


 《 4 》 頭頸部がんの早期発見に努めます。
―――――――――――――――――――――――――
耳鼻咽喉科領域の悪性腫瘍には、舌がん、咽頭がん、甲状腺がんなどがあります。これらの組織は、音声・嚥下・咀嚼などの機能で重要な役割を果たしています。早期に発見することで、治癒する可能性は高くなり、治療後の後遺症も最小限に抑えることができます。
私は、滋賀医科大学では頭頸部専門外来を担当し、多くの手術を執刀していました。医学の進歩により、進行がんでも治癒に導くことが可能になってきていますが、不幸な結果になることもあり、悲しい経験もしてきました。当院では、内視鏡検査と超音波検査を慎重に行うことで頭頸部がんの早期発見に努めます。
診療案内
 ● アレルギー検査
当院では、指先から少量の採血を行い、20分で結果が出るアレルギー検査を採用しています。検査項目はスギ、ブタクサ、ヨモギ、カモガヤ、ネコ、ゴキブリ、ヤケヒョウダニの8種類です。食物アレルギーに関しては、卵、牛乳、小麦の3種類です。


 ● 甲状腺・頸部腫瘤の診断
問診、診察を行った後、必要に応じて、血液検査、頸部超音波検査を行います
悪性疾患が疑われる場合は滋賀医科大学付属病院など近隣病院に紹介いたします。


 ● 顔面神経麻痺
「顔が曲がった」「口から水がこぼれる」といった症状で発症します。顔面神経麻痺はヘルペスウイルスの再活性化が原因であると考えられています。早期治療により治癒する可能性が高くなります。原因に応じて、抗ウイルス薬とステロイド薬による薬物治療を行います。また、後遺症予防のために病状、経過に合わせた顔面マッサージも指導しています。


 ● 突発性難聴
「急に片耳が聞こえなくなった」という症状で発症します。原因はよくわかっておらず、有効な治療もありません。
 ビタミン薬の内服を行っていただきます。ステロイド大量点滴を行うことがありますが、副作用が大きい割には治療効果は十分ではありません。


 ● 嗅覚障害
問診、診察、内視鏡検査を行い、原因を調べます。当院では、内視鏡検査に伴う痛みを少なくするため、子供にも対応できる細径ファイバーを採用しています。
原因によっては、非常に治りにくい場合がありますが、根気よく治療を行っていきます。


 ● 基準嗅力検査
嗅覚機能を数値化することができます。


 ● 補聴器の相談・適合検査
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
  当クリニックは、厚生労働省の定める補聴器適合検査の実施施設です。
  補聴器第来では、認定補聴器技能者が立ち会います。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
「補聴器装用を考えている。」「今使っている補聴器が合わない。」など耳の聞こえで困っている方はご相談ください。問診、耳の診察、聴力検査を行った後、補聴器が必要かどうか相談いたします。希望がありましたら、補聴器に関する詳細な検査を行いながら1~3ヶ月かけて補聴器フィッティングを行います。


 ● 睡眠時無呼吸症候群
「いびきがひどい」「家族から、夜間、無呼吸になっているといわれた」「睡眠時間は十分なのに日中眠い」といった場合は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。
睡眠時無呼吸症候群は、2歳~6歳の子どもや成人男性に多くみられます。放置すると、子供は「落ち着きがない」、「学業に集中できない」、夜尿、長時間の昼寝など、大人は、日中の眠気、倦怠感等の症状が現れ、生活に支障がでてきます。さらに、長時間放置すると、高血圧、不整脈、心不全など循環器系の病気を悪化させ、生命にも危険が及ぶことがあります。
当院では、自宅で測定可能な簡易型の検査機器を貸出、睡眠時無呼吸の程度を評価することができます。詳細な検査は入院して行う必要がありますので、必要があれば滋賀医科大学附属病院病院睡眠外来へ紹介いたします。


 ● ピアス
当院専用機器で、ファーストピアスの装着を行ております。
当院ではチタン製のファーストピアスを採用しています。
片耳3,000円、両耳5,000円です。(消毒薬付き)

おがわ耳鼻咽喉科医院の基本情報

スポット名 おがわ耳鼻咽喉科医院
TEL 077-516-8733
FAX 077-516-8701
住所 〒525-0047
滋賀県草津市追分 1-4-25-2
営業日
9:00~12:00 ×
15:30~18:30 × × ×
補聴器外来は第2・第4水曜日完全予約制です。
診察時間:
9:00~12:00
15:30~18:30
休診日:
木曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日
HP http://www.medic-grp.co.jp/doctor/ogawa-jibika/
駐車場 あり
PAGE TOP