グルメ特集 山形さくらんぼ狩り編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弾丸ツアーで食べ放題はいかが?

宿泊する時間はないけど、本場のさくらんぼを心ゆくまで堪能したい。そんなときは、日帰りツアーがオススメ。ご当地グルメの昼食やさくらんぼ狩りでおなかを満たして帰路へ。また、現地の半日ツアーを使えば、ツアー設定のない地域からも同様に楽しめますよ。
そして、山形空港は、さくらんぼの生産が盛んなエリアのど真ん中!つまり飛行機を使えば、名古屋や伊丹空港からも、弾丸日帰り食べ放題が満喫できるのです。

さくらんぼの王様「佐藤錦」

昭和初期に山形で作り出された「佐藤錦」は、日本を代表する品種と言えます。そのブランドを大切に守る一方で、品種改良にも熱心に取り組んでいて、現在栽培されているさくらんぼの品種は30種類以上。なかでも「紅秀峰」は、一回り実が大きく甘みが際立っているので、人気が高まっている品種です。
さくらんぼの旬はとても短いので、出かけるタイミングで違う品種の味を楽しむことができますよ。

さくらんぼの歴史

全国の生産量約7割を占める山形のさくらんぼ。
赤く艶やかな美味しいさくらんぼは、初夏の時分が旬の季節です。
実はこのさくらんぼ、日本原産ではなく明治時代に欧米から日本へ届けられたのです。

さくらんぼの苗木が育ちやすい環境だったのが北海道や東北といった日本列島の北部。
充分な栽培面積や日本ならでは品種改良が施され、世界でも最高品質と名高いさくらんぼの名産地となったのです。

今年の夏は甘いさくらんぼを堪能しつつ、山形を満喫してみてはいかがでしょうか?

イーナビタにはたくさんのお店が掲載されています。
今回はさくらんぼ生産の天童市のホテルをメインに紹介しています。さくらんぼ狩りの拠点としてぜひご利用ください。
駅やまちの地図をみんなでつくろう!『ナビタ倶楽部』
PAGE TOP