お出掛け特集 京都編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
数多くの花を楽しめる桜の名所

京都には紹介しきれないほどのお花見スポットがあり、桜名所100選には、嵐山、仁和寺、醍醐寺、笠置山自然公園の4カ所も選ばれています。
いち早くヤマザクラの花が広がり始める嵐山と笠置山自然公園は、広大な風景に溶け込む桜を楽しみながらの散策がオススメ。
一方、豊臣秀吉が贅を尽くした「醍醐の花見」の舞台として有名なのが醍醐寺です。こちらでは、毎年4月第2日曜日に「豊太閤花見行列」が開催されます。

遅咲きの桜で味わう春の余韻

平安神宮では、空を覆いつくすように咲きそろう紅しだれ桜が圧巻。満開の頃に開催される「紅しだれコンサート」は、ライトアップされた桜と生演奏を楽しみながら神苑を散策するという、京都らしい雅な催しです。
そしてお花見シーズンの最後を彩るのが仁和寺の御室(おむろ)桜。樹高が低く根元から枝分かれしているため、見上げるのではなく、まるで花に包み込まれているような不思議な感覚を楽しめるでしょう。

2大お花見王道コース

京都の桜の名所は数知れず、どこを見て回れば良いのか迷ってしまう・・・
そんな方には、「2大お花見王道コース」がおススメです。

①古都と桜を楽しむ東山コース:
祇園→建仁寺→祇園新橋→白川・祇園疎水→十石舟→平安神宮→高台寺
※お寺や公園を巡りつつ美しい京都の桜を満喫する王道のコース。古き良き祇園の街並みや、夜桜も楽しめるスポットの連続しています。
②自然に溶け込む優雅な桜を楽しむ嵐山コース:
二条城→妙心寺退蔵院→法金剛院→天龍寺→大河内山荘→嵐山公園
※風景と一体化した圧巻の桜並木を楽しむ王道のコース。妙心寺の桜はCMで広く放映され、京都の桜を象徴するスポットです。

京都の花見はゆったりと歩いて神社仏閣の桜を観賞というのが基本のスタイル。
座れる場所や飲食可能な場所が限られていますので、事前にチェックすることもお忘れなく・・・

イーナビタにはたくさんのお店が掲載されています。
今回は京都府のホテル・旅館をメインに紹介していますので、お花見旅行の際にはぜひご利用ください。
駅やまちの地図をみんなでつくろう!『ナビタ倶楽部』
PAGE TOP